=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【ア】

アイウェンディル/Aiwendil [Q.]「鳥を愛する者」 → ラダガストを参照

アイカナーロ/Aikanáro [Q.] → アイグノールを参照

アイグノール/Aegnor [S.]「恐るべき火(nár=火)」
  別名:アイカナーロ
  種族:エルフ_ノルドール
  生没:?〜第一紀455年
  地域:中つ国_ドルソニオン
  家族:父_フィナルフィン、母_エアルウェン、
     兄_フィンロド、オロドレス、アングロド、妹_ガラドリエル
  説明:フィナルフィンの四男。ダゴール=ブラゴルラハで討死。

アイグロス [武器]/Aeglos「つらら」
  ギル=ガラドの槍


アイグロス [植物]/Aeglos「雪の穗」
  地域:中つ国_アモン・ルーズ
  説明:アモン・ルーズに生息する丈の高い植物。
     針金雀枝に似ていて、白い花を咲かせると言われる。

アイスムブラス四世/Isumbras
  種族:ホビット
  説明:ゲロンティウスの子。トゥック家代15代セイン。

アイゼムボルド・トゥック/Isembold Took
  種族:ホビット
  説明:ゲロンティウスの子。

アイゼムバート・トゥック/Isembard Took
  種族:ホビット
  説明:ゲロンティウスの子。

アイゼンガー・トゥック/Isengar Took
  種族:ホビット
  説明:ゲロンティウスの子。若いころ海に去った。

アイゼン川/River Isen
  場所:中つ国_霧ふり山脈の南からアイゼンガルドを通りローハン谷を横切って大海に注ぐ

アイゼンガルド/ Isengard「鉄の砦」
  別名:アングレンオスト
  場所:中つ国_霧ふり山脈最南端
  説明:環状の岩壁によって囲まれた要塞。中央にサルマンの住まうオルサンクの塔がある。

アイゼン口/Isenmouth
  別名:カラヒ・アングレン
  場所:中つ国_モルドール北西
  説明:ウドゥンからゴルゴロス高原に出る狭い峡谷。

アイゼングリム二世/Isengrim II
  種族:ホビット
  説明:トゥック家代10代セイン。

アイゼングリム三世/Isengrim III
  種族:ホビット
  説明:ゲロンティウスの子。トゥック家代14代セイン。

アイゼンの浅瀬/fords_of_isen
  別名:アスラド・アングレン、エスライド・エングリン(複数形)
  場所:中つ国_ローハン国

アイヌリンダレ/Ainulindalë [Q.]「アイヌアの音楽」
  別名:大いなる歌、大いなる音楽、アイヌアの音楽
  説明:世界を創造したアイヌアの音楽のこと。ルーミルによって作られたいわれる創世記の題名でもある。

アイヌ/Ainu [Q.]「聖なる者たち(aina=「聖なる」)」
  イルーヴァタールによって最初に創られた者たちのこと。ヴァラ、マイアの位の名前。
  エアよりも前に創られた。[例]マンウェ、ガンダルフ、サウロンなど

アイヌア/Ainur [Q.]
  アイヌの複数形 → アイヌを参照

アイヌアの音楽/Music of the Ainur → アイヌリンダレを参照

アイランディア/Aerandir [S.]「海の放浪者」
  種族:エルフ_テレリ
  地域:中つ国_アルヴェアニエン
  説明:エアレンディルの航海に付き添った3人の水夫の1人。

アイリネル/Ailinel
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀712年〜?
  地域:ヌーメノール
  家族:父_タル=メネルドゥア、母_アルマリアン、兄_タル=アルダリオン、妹_アルミエル
     妻_エレンディス、娘_タル=アンカリメ、夫_オルハルドール、息子_ソロント

アイリン/Aerin [S.]
  種族:人間_エダイン第三の族
  地域:中つ国_ドル=ローミン
  家族:父_インドール、夫_ブロッダ
  説明:フーリンの親しい親戚。
     ニアナイス・アルノイディアドの後、ヒスルムにやって来た東夷のブロッダに娶られる。
    貧しくなったモルウェンを秘かに援助する。

アイリン=ウイアル/Aelin-uial [S.]「薄暮の湖(aelin=湖・池、uial=薄暮)」
  場所:第一紀中つ国_ドリアス南西角
  説明:アロス川がシリオン川に注ぐ湖沼地帯。常に靄に包まれていたため薄暮の湖と付けられた。

アイレンサガ/Irensaga
  場所:中つ国_ローハン国、エドラス周辺
  説明:馬鍬谷を見下ろす山々

アヴァサール/Avathar [Q.]「暗がかり」
  場所:アマン_ヴァリノール南方
  説明:メルコールとウンゴリアントが出会ったアマン沿岸の無人の地。

アヴァリ/Avari [Q.]「気の進まない者たち、辞退者たち」
  エルフが誕生したクウィヴィエーネンの地から、西方へ向かうことを拒んだエルフたちのこと。
  王も都も持たず、森の近くで身を隠すように暮らしている。

アヴァルローネ/Avallónë [Q.]「ヴァリノールに近い」
  場所:トル・エレッセア_東側
  説明:テレリ族の港であり都。ここからヌーメノールへ出航し行き来していた。

アウレ/Aulë [Q.]
  種族:アイヌ_ヴァラ
  地域:アマン
  家族:妻_ヤヴァンナ
  説明:8人のアラタールの1人で鍛冶を司る。
     アルダの陸地の形成から小さな細工物まで手の技に長けており、ノルドールにその技術を教えた。
     イルーヴァタールの子らの誕生を待てず、他のヴァラールには内密にドワーフを創る。

アウレンディル/Aulendil「アウレの使用人」→サウロンを参照

青の山脈/Bule Mountain → エレド・ルインを参照

青の魔法使い
  アラタールとパルランドのこと。青の衣をまとっていたのでこう呼ばれた。

青の指輪 → ヴィルヤを参照

赤い目 → 目を参照

赤い矢/Red Arrow
  ゴンドールがローハンに援助を求める印として使われる。
  羽根は黒、鋼鉄のやじりの先端が赤く塗られている。


開かずの入口 → フェン・ホルレンを参照

アガスルシュ/Agathurush [A.] → 灰色川を参照

赤角山(あかつのやま)/Redhorn
  別名:カラズラス、バラジンバル
  場所:中つ国:霧ふり山脈の中心辺り
  説明:3つの高峰の1つ。指輪の一行が道を阻まれ引き返すことになった雪山。

赤の指輪 → ナルヤを参照

赤表紙本(西境の赤表紙本)/Red Book of Westmarch
 赤革で装釘された全5冊からなる指輪物語の歴史の重要な資料。
  もとはビルボの日記にフロドの体験記述を加えたもので、更にサムも手を加えている。
  原本は伝わっていないが写本が多く作られた。


アカルラベース/Akallabêth [A.]「没落せる国」
  ヌーメノールの滅亡物語の題名。

アカルラベース/Akallabûth [A.]「没せる国」→ヌーメノールを参照

アガルワイン/Agarwaen [S.]「血に汚れたる者」→トゥーリンを参照

悪疫/Great Plague
  別名:やみ病、大疫病
  説明:第三紀1636年にロヴァニオンからゴンドール、さらにはエリアドールへと広がっていった疫病。
     ロヴァニオンの人口は半減し、ゴンドールの王やその息子たち、北の方ではドゥーネダインの残党など
     多くの者が死んでいった。

アクマイヌ/Warg(「ホビットの冒険」での訳) → ワーグを参照

アグラロンド/ Aglarond [S.]「光輝くドームを持つ館(rond=丸天井・アーチ型の屋根(を持った部屋や館))」           → 燦光洞を参照

アーケン石/Arkenstone
 別名:山の精髄
  説明:ドワーフが山の底根で見つけた白く輝く大宝石。千もの細かい面を持っており、
     あらゆる色に彩られ白く美しく輝やく。トーリンの亡骸とともに葬られている。



アザガール/Azaghêl
  種族:ドワーフ
  生没:?〜第一紀473年
  地域:中つ国_ベレグオスト
  説明:ベレグオストのドワーフ王。グラウルングに傷を負わせるが殺される。

アザヌルビザール/Azanulbizar [K.] → おぼろ谷を参照

あざみ毛
 
ブリー村に住む人間の名。

悪しき吐息/Evil Breath
  ドル=ローミンに病をもたらした、アングバンドから吹く風。
  トゥーリンが病にかかり、妹のラライスはこれによって死んだ。

アスカール/Ascar [S.]「急湍、激流」
  別名:ラスローリエル
  地域:第一紀中つ国_オッシリアンド
  説明:ゲリオン川の最も北の支流。後に宝が沈められ名が変わる。

アスゴン/Asgon
  種族:人間_エダイン
  地域:中つ国_ドル=ローミン
  説明:ブロッダの虐殺したトゥーリンの逃避を手伝う。

アスタルド/Astaldo「雄々しきもの」→ トゥルカスを参照

アスファロス/Asfaloth [S.]
  種族:馬
  地域:中つ国
  説明:グロールフィンデルの白馬

アスフォデル・ブランディバック/Asphodel Brandybuck
  種族:ホビット
  説明:ゴルバドクの子。

アスラド・アングレン/Athrad Angren [S.] → アイゼンの浅瀬を参照

畔更(あぜかえ)/Bamfurlong
 場所:中つ国_ホビット庄、東四が一の庄

アセラス/Athelas [S.]
  別名:アセア・アラニオン、王の葉
  地域:中つ国
  説明:薬草。ドゥーネダインにより中つ国に持ち込まれたので、彼らが住んでいた所や野営する場所付近にしか
     生息していない。民間人には軽い痛みなどを治す薬草でしかないが、ヌーメノールの王(又はその継承者)
     によって用いられると、 毒や呪いなどにも即効性の効き目がある。


アセア・アラニオン/asëa aranion [Q.] → アセラスを参照

アゾグ/Azog
  種族:オーク
  生没:?〜第三紀2799年
  地域:中つ国_モリア
  家族:息子_ボルグ
  説明:モリアに潜む図体が大きいオーク。敏捷な動作で力が強い。
     まだ青二才だった鉄の足ダーインが首をはねて倒す。

アタナタール一世/Atanatar | [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀480年〜748年(268歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_トゥランバール、息子_シリオンディル
  説明:ゴンドール国第10代の王

アタナタール二世/Atanatar || [Q.]
  別名:アルカリン、栄誉王アルカリン
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀977年〜1226年(249歳)
  地域:中つ国(ゴンドール)
  家族:父_キアヤヘア、息子_ナルマキル1世、カルマキル
  説明:ゴンドール国第16代の王。
     安楽な生き方を好み、国力を維持するために何一つせず、豪奢このうえない暮らしを送る。

アタニ/Atani [Q.]
  アタンの複数形 → アタンと人間を参照

アタランテ/Atalantë [Q.]「没せる国」→ヌーメノールを参照

アタリンケ/Atarinkë [Q.]
  クルフィンが母親から与えられた名前 → クルフィンを参照

アダルグリム・トゥック/Adalgrim Took
  種族:ホビット
  説明:ピピンの祖父。

アタン/Atan [Q.]「二番目の者」
  複数形:アタニ
  説明: 人間のこと。特にエルフのノルドールとシンダールの友である三家の人間に使われる。→ 人間を参照

アダン/Adan [S.]「二番目の者」
  複数形:エダイン
  説明: 人間のこと。特にエルフのノルドールとシンダールの友である三家の人間に使われる。→ 人間を参照

アダンエゼル/Adanedhel [S.]「エルフ人間」→トゥーリンを参照

アデラード・トゥック/Adelard Took
  種族:ホビット
  説明:ビルボのいとこの娘。借りた傘は返さない。

アドゥナイク語/Adûnaic
  エダインはベレリアンドにいる間はエルフ語(シンダリン)を話したが、
  ヌーメノールに住むようになり国が栄えると、王たちはエルフ語を捨て、
  父祖代々使われてきた人間の言葉であるアドーゥナイクを使用するようになった。共通語の原型。

アドゥラント/Adurant [S.]「重の川(adu=二重の、rant=水路)」
  場所:第一紀中つ国_オッシリアンド
  説明:ゲリオン川の最も南の支流。

アドラヒル(1)/Adrahil
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ドル・アムロス
  説明:馬車族に抵抗したゴンドール軍の左翼部隊の大将。おそらくアドラヒル(2)の先祖。

アドラヒル(2)/Adrahil
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ドル・アムロス
  家族:息子_イムラヒル、娘_イヴニエル、フィンドゥイラス
  説明:ドル・アムロスの大公

アドーン川/River Adorn
  場所:中つ国_白の山脈からアイゼン川に注ぐ川

アナイレ/Anairë [Q.]
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:アマン
  家族:夫_フィンゴルフィン、息子_フィンゴン、トゥアゴン、娘_アレゼル
  説明:夫や子と共にヴァリノールから中つ国へ逃亡せず、
     テレリのエアルウェンとの友情ゆえにアマンに残った(HoMe)。

アナドゥーネ/Anadûnê[A.]「西国」→ヌーメノールを参照

アナハの山道/Pass of Anach
  場所:第一紀中つ国_エレド・ゴルゴロスとゴンドリンの間
  説明:エレド・ゴルゴロスの西境を通ってタウア=ヌ=フインから下る道。

アナーリオン/Anárion
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀3219年〜3440年(221歳)
  地域:ヌーメノール→中つ国_ゴンドール
  家族:父_エレンディル、兄_イシルドゥア、息子_メネルディル、他3人
  説明:エレンディルの次男。父と兄と共にヌーメノールから中つ国へ逃れヌーメーノール人の王国を建てる。
     ミナス・アノルの城主。討死。

アナール/Anar [Q.]「金色の火」
  別名:ヴァーサ
  説明:太陽のこと。ラウレリンに最後に実った果実をマンウェが清め、ヴァルダが太陽として黄道上に置いた。
     この出来事はナルシリオンに語られている。太陽の船を動かしているのはマイアのアリエン。

アナルディル/Anardil [Q.]「太陽を愛する者」
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀136年〜411年(275年)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_エアレンディル、息子_オストヘア
  説明:ゴンドール国第6代の王。

アナルリーマ/Anarríma [Q.]
  ヴァルダが古い星を集めてアルダの天空にはめ込んた星座の名。

アノーリエン/Anórien [S.](【指】アノリアン)「太陽の地」
  別名:スンレンディング
  地域:中つ国_白の山脈東方上部
  説明:ミナス・ティリスのある土地。

アパノナール「後に生まれた者たち」 → 人間を参照

アマランス・ブランディバック/Amaranth Brandybuck
  種族:ホビット
  説明:ゴルバドクの子。

アマリエ/Amarië [Q.]
  種族:エルフ_ヴァンヤール
  地域:アマン
  説明:フィンロドに愛された女性。

アマン/Aman [Q.]「至福の、悪のない(man=至福の)」
  別名:至福の国
  場所:アルダの西方→異次元
  説明:ヴァラールの住む大海のかなた西方にある大陸。
     元は中つ国の西側にあったが、第二紀末にエルの怒りを蒙った際に地球が丸くなり、
     大陸は別の時空に離され、エルフの船でないと、たどり着けなくなった。

アマン山脈 → ペローリを参照

アマンディル/Amdír
  別名:マルガラド(※両者は別々に登場するが、その内容から同一人物とされている)
  種族:エルフ_シンダール
  地域:中つ国_ロスローリエン
  家族:息子_アムロス
  説明:かつてのローリエンの王。ダゴルラドの戦いで殺される。

アムディーア/Amandil「アマンを慕う者」
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀?年 - 3319年
  地域:ヌーメノール_アンドゥーニエ
  家族:父_ヌメンディル、息子_エレンディル
  説明:ヌーメノールのアンドゥーニエ最後の領主。ヴァリノールに向かうがそのまま行方不明となる。

アムライス/Amlaith [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 946年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_エアレンドゥア、兄弟_ソロンドゥア、アルダリオン、息子_ベレグ
  説明:3分裂したアルノール国の1つ。アルセダインの初代王。

アムラス/Amras [S.]
  別名:テルフィンウェ、アンバルッサ、Telvo
  種族:エルフ(ノルドール)
  地域:アマン→中つ国_東ベレリアンド
  家族:父_フェアノール、母_ネアダネル
     兄_マイズロス、マグロール、ケレゴルム、クルフィン、カランシア、アムロド
  説明:フェアノールの末男。アムロドの双子の弟。優れた狩人。赤毛。
     シルマリルを奪うため、エアレンディルの族を襲い討死。

アムラハ/Amlach
  種族:人間_エダイン第三家系
  地域:中つ国
  家族:父_イムラハ
  説明:エルフのマイズロスに仕える。

アムロス/Amroth
  種族:エルフ_シンダール
  地域:中つ国_ロスローリエン
  家族:父_アムディル
  説明:かつてローリエンの森に住んでいたシルヴァン・エルフの王。
     西方へ向かう船からをニムロデル忘れられずに身を投げて消息を絶つ。

アムロド/Amrod [S.]
  別名:Pityafinwe、アンバルト、ウンバルト、アンバルッサ
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:アマン→中つ国_東ベレリアンド
  家族:父_フェアノール、母_ネアダネル
     兄_マイズロス、マグロール、ケレゴルム、クルフィン、カランシア、アムラス
  説明:フェアノールの末男。アムラスの双子の弟。優れた狩人。赤毛。
     シルマリルを奪うため、エアレンディルの族を襲い討死。

アモン・アマルス/Amon Amarth [S.]「滅びの山(amon=丘、amarth=破壊)」
  → オロドルインを参照

アモン・アンワル/Amon Anwar「畏怖の丘」→ ハリフィリエンを参照

アモン・ウイロス/Amon Uilos [S.] → タニクウェティルを参照

アモン・エシア/Amon Ethir [S.]「間者山(amon=丘)」
  場所:第一紀中つ国_西ベレリアンド、ナルゴスロンドの入口の東
  説明:フィンロドが築いた丘。

アモン・エレブ/Amon Ereb [S.]「離れ山(amon=丘、er=ただひとつ)」
  場所:第一紀中つ国_東ベレリアンド、ラムダルとゲリオン川の間
  説明:山。ナンドールのデネソールがこの山頂で討死した。

アモン・オベル/Amon Obel [S.]「amon=丘」
  場所:第一紀中つ国_西ベレリアンド、ブレシルの森の真中
  説明:丘。頂きにはエフェル・ブランディアが築かれる。

アモン・グワレス/Amon Gwareth [S.]「amon=丘」
  場所:第一紀中つ国_ドルソニオン南西、トゥムラディンの野の真中
  説明:ゴンドリンの都が築かれた丘。

アモン・スール/Amon Sûl [S.](風の丘(amon=丘、sûl=風))
  別名:風見が丘
  場所:中つ国_エリアドール、風見が丘丘陵の南端
  説明:アルノール王国にあり、平たい山頂にはパランティーアが置かれた塔があった。
     アングマールの軍による攻撃で塔は焼かれてしまったが、その時代の名残として
     崩れた石の環だけが残っている。指輪物語ではフロドがここで指輪の幽鬼に刺される。

アモン・ダルシア/Amon Darthir
  場所:第一紀中つ国_ドル=ローミン南
  説明:エレド・ウェスリンに連なる峰の1つ。

アモン・ディーン/Amon Dîn [S.](【指】アモン・ディン)「沈黙の丘(amon=丘)」
  場所:中つ国_白の山脈の北東部
  説明:ゴンドールの7つの烽火山のうちの1つ。一番古い烽火台のある丘。

アモン・ヘン/Amon Hen [S.]「目の山、視る山(amon=丘)」
  場所:中つ国_ラウロスの滝西側
  説明:トル・ブランディアの傍らに立つ山。
     アモン・ラウと共に立っており、昔は高御座がおかれ、見張り台とされていた。
     ここに座ったフロドは、突如遠方を見渡せるようになり、アモン・ヘンの不思議な力を体験する。

アモン・ラウ/Amon Lhaw [S.]「聴く山(amon=丘)」
  場所:中つ国_ラウロスの滝東側
  説明:トル・ブランディアの傍らに立つ山。
     頂きにある「聴く椅子」に座ると、ゴンドールの陰謀を企む者の声が聞こえたと言われている。

アモン・ランク/Amon Lanc「はだか山」→ ドル=グルドゥアを参照

アモン・ルーズ/Amon Rûdh [S.]「はげ山(amon=丘)」
  別名:シャルブフンド
  場所:第一紀中つ国_西ベレリアンド、ブレシルの南
  説明:ブレシルの南に1つだけある丘。ドワーフのミームの住居。トゥーリンと無法者の仲間たちが拠点とした。

あやめ川/Gadden River
  別名:シーア・ニングロール
  場所:中つ国_霧ふり山脈中心辺りから東側
  説明:霧ふり山脈から大河に注ぐ川。

あやめ野/Gladden Fields
  別名:ロイグ・ニングロロン
  場所:中つ国_霧ふり山脈中心辺り東側
  説明:イシルドゥアが殺された大河の水中や水面に広がる葦とあやめの広大な野。

アラウ/Araw [S.] → オロメを参照

アラヴァル/Araval [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1891年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_アルヴェレグ2世、息子_アラファント
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン13代目の王。

アラヴィア/Aravir [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2319年
  地域:中つ国
  家族:父_アラヌイア、息子_アラゴルン1世
  説明:北の野伏4代目族長。

アラヴォルン/Aravorn [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2654年
  地域:中つ国
  家族:父_アラゴスト、息子_アラハド2世
  説明:北の野伏9代目族長。

アラグラス/Araglas [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2455年
  地域:中つ国
  家族:父_アラゴルン1世、息子_アラハド1世
  説明:北の野伏6代目族長。

アラゴスト/Aragost [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2588年
  地域:中つ国
  家族:父_アラハド1世、息子_アラヴォルン
  説明:北の野伏8代目族長

アラゴルン一世/Aragorn I
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2327年
  地域:中つ国
  家族:父_アラヴィア、息子_アラグラス
  説明:北の野伏5代目族長。狼に殺される。

アラゴルン二世/ Aragorn II
  別名:馳夫、エステル、エレッサール、ソロンギル
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀2931年3月1日 〜第四紀120年
  地域:中つ国_あちこち→ゴンドール、アルノール
  家族:父_アラソルン2世、母_ギルライン、妻_アルウェン、息子_エルダリオン、娘_?
  アイテム:アンドゥリル、エルフの石、バラヒアの指輪、エレンディルミア、王笏、兜
  容姿:灰色の目、半白のもしゃもしゃ頭、きびしい顔つき
  説明:指輪の仲間。アルノールの王エレンディルの後継者。
     指輪滅却の旅に加わり、ガンダルフがいなくなった後は皆の先頭にたつ。
     戦後、ゴンドールとアルノール両国の王となり、エルフのアルウェンと結婚する。
《年表》
第三紀2931年03月01日(0歳)誕生
第三紀2933年(2歳)父が殺害され、母に連れられ裂け谷へ行き、エルロンドの養子となる。
第三紀2951年(20歳)本当の名と家系を知らされる。アルウェンに出会う。旅に出る。
第三紀2956年(25歳)ガンダルフに出会い、親交始まる。
第三紀2957年(26歳)ローハンのセンゲルと、ゴンドールのエクセリオンに仕える。
第三紀2980年(49歳)ロリアンでアルウェンに再会し婚約。
第三紀3001年(70歳)ガンダルフより、ゴクリの消息の件で助けを求められ8年間探索する。
第三紀3018年10月(87歳)フロドらと踊る小馬亭で出会い、行動を共にする。
第三紀3019年(88歳)指輪滅却の旅と、指輪戦争
第三紀3019年5月1日(88歳)戴冠式。
第三紀3019年夏至(88歳)アルウェンと結婚。
第四紀120年3月1日(210歳)崩御。

アラゴルンとアルウェンの物語/Tale of Aragorn and Arwen
  セイン本に載せられているアラゴルンとアルウェンの物語。
  執政ファラミアの孫バラヒアによって書かれた。
 「追補編」に収録されているのは、この物語の一部ということになっている。

アラススイル/Arassuil [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2784年
  地域:中つ国
  家族:父_アラハド2世、息子_アラソルン1世
  説明:北の野伏11代目族長

アラソルン一世/Arathorn I [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2848年
  地域:中つ国
  家族:父_アラススイル、息子_アルゴヌイ
  説明:北の野伏12代目族長

アラソルン二世
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀/?年 〜 2933年
  地域:中つ国
  家族:父_アラドール、妻_ギルライン、息子_アラゴルン2世
  説明:北の野伏15代目族長。
     エルロンドの息子らと共にオーク狩りをしている際、オークに目を射抜かれる。

アラターリエル/Alatáriel [Q.] → ガラドリエルを参照

アラタール/Aratar [Q.]「高位の者たち」
  ヴァラールの中で特に偉大な力を持った8人のこと。
  マンウェ、ウルモ、アウレ、ヴァルダ、ヤヴァンナ、マンドス、ニエンナ、オロメ

アラタール/Alatar
  別名:青の魔法使い
  種族:アイヌ_マイア、イスタル
  地域:アマン→中つ国
  説明:オロメに仕えていたマイア。ヴァラールに命ぜられ中つ国にやって来た5人の魔法使いの1人。
     青の衣をまとっていたので“青の魔法使い”と呼ばれる。
     魔法使いたちが中つ国へ着いたころ、サルマンと青の魔法使たちは東へ旅をし、
     その後サルマンだけが戻ってきた。青の魔法使たちはそのまま東の地に留まったのか、
     死んだのか、サウロンに支配されたのか、消息がわからないままである。

アラタン/Aratan [Q.]「高貴な人間」
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国
  家族:父_イシルドゥア、兄_エレンドゥア、弟_キアヨン、ヴァランディル
  説明:イシルドゥアの次男。父と共に殺される。

アラダン → マラハを参照

荒角山(あらつのやま)/Starkhorn
  場所:中つ国_白の山脈中心辺り
  説明:白の山脈の最高峰。

アラドール/Arador [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2930年
  地域:中つ国
  家族:父_アルゴヌイ、息子_アラソルン2世
  説明:北の野伏14代目族長。山トロルに捕らえられ殺される

アラナルス/Aranarth [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2106年
  地域:中つ国
  家族:父_アルヴェドゥイ、息子_アラハイル
  説明:北の野伏、初代族長。

アラヌイア/Aranuir [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2247年
  地域:中つ国
  家族:父_アラハイル、息子_アラヴィア
  説明:北の野伏3代目族長。

アラネル/Aranel [S.]「高貴な星、高貴なエルフ」 → ディオルを参照

アラハイル/Arahael [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2177年
  地域:中つ国
  家族:父_アラナルス、息子_アラヌゥイア
  説明:北の野伏2代目族長。

アラハド一世/Arahad I [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2523年
  地域:中つ国
  家族:父_アラグラス、息子_アラゴスト
  説明:北の野伏7代目族長。

アラハド二世/Arahad Il [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2719年
  地域:中つ国
  家族:父_アラヴォルン、息子_アラススイル
  説明:北の野伏10代目族長。

アラファント/Araphant [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1964年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_アラヴァル、息子_アルヴェドゥイ
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン14代目の王。

アラフォール/Araphor [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1589年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_アルヴェレグ1世、息子_アルゲレブ2世
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン9代目の王。

アラマン/Araman
  場所:アマン沿岸
  説明:ペローリ山脈と大海に挟まれた不毛の地。

アランウェ/Aranwe [Q.]「気高い人(ar(a)=高い、高貴な)」
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:中つ国_ゴンドリン
  家族:息子_ヴォロンウェ
  説明:フィンロドの家系らしいが、詳しいことはわからない。

アランタール/Arantar [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀185年 〜 435年(250歳)
  地域:中つ国_アルノール
  家族:父_エルダカール、息子_タルキル
  説明:アルノール国の第5代目の王。

アランドゥア/Arandur [Q.]「王の使用人」 → 執政を参照

アランドール/Arandor「王の土地」
  地域:ヌーメノール_ミッタルマール
  説明:ヌーメノールの中心部

アランルース/Aranrúth [S.]「王の怒り(aran=王、rúth=怒り)」
  シンゴルの佩刀。ドリアスの滅亡後、ヌメノール家が所有する。

アリエン/Arien [Q.]
  種族:アイヌ_マイア
  地域:天空
  説明:火の精霊。ヴァラに選ばれ、太陽の船を航海させる。

アル=アドゥーナホール/Ar-Adûnakhôr [A.]「西方国土の王」
  別名:タル=ヘルヌーメン
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀2709年 - 2962年
  地域:ヌーメノール
  家族:父_タル=アルダミン、息子_アル=ジムラソーン
  説明:ヌメノール20代目の王。71年統治する。初めて王の名前にヌーメノール語を用いる。

アル=アバッターリク/Ar-Abattârik [A.] → タル=アルダミンを参照

アル=インジラドゥーン/Ar-Inziladûn [A.] → タル=パランティアを参照

アルヴェアニエン/Arvernien [S.]
  地域:第一紀中つ国_西ベレリアンド南方
  説明:シリオン河口より西の沿岸地方。

アルヴェギル/Arvegil [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀/?年 〜 1743年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父/アルゲレブ2世、息子/アルヴェレグ2世
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン11代目の王。

アルヴェドゥイ/Arvedui [S.]「最後の王」
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1975年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_アラファント、妻_フィリエル、息子_アラナルス、もう1人
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン最後の王。

アルヴェレグ一世/Arveleg I [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1409年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父/アルゲレブ1世、息子/アラフォール
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン8代目の王。

アルヴェレグ二世/Arveleg II [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1813年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_アルヴェギル、息子_アラヴァル
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン12代目の王。

アルウェン/Arwen [S.]「高貴な乙女(ar=高貴な、wen=乙女)」
  別名:ウンドーミエル、夕星姫
  種族:半エルフ(ノルドール+シンダール+エダイン)
  生没:第三紀241年〜第四紀121年
  地域:中つ国_ロスローリエン→裂け谷→ゴンドール
  家族:父_エルロンド、母_ケレブリーアン、兄_エルロヒア、エルラダン
     夫_エレッサール、息子_エルダリオン、娘_?
  容姿:長く編んだ黒髪、雲のない夜のような灰色の目、エルロンドを女にした感じ、女王の風格
  説明:人間のアラゴルンと結ばれ有限の命の者となり、ゴンドール国の妃となる。

《年表》
第三紀241年(0歳)誕生
第三紀2951年(2710歳)裂け谷でアラゴルンと出会う。
第三紀2980年(2739歳)ロスローリエンでアラゴルンと婚約。
第三紀3009年(2768歳)裂け谷に戻る
第三紀3019年(2778歳)指輪戦争
第三紀3019年5月1日(2778歳)エルロンドと共に裂け谷を出発しゴンドールへ向かう。
第三紀3019年夏至(2878歳)アラゴルンと結婚。
第四紀120年春(2898歳)エレスサール崩御後、ロスローリエンへ。
第四紀121年春(2899歳)死去

アルカリン/Alcarin [S.]「栄光ある」→ アタナタール2世を参照

アルカリンクウェ/Alcarinquë [Q.]「輝かしきもの」
  ヴァルダがテルペリオンの銀の露で作り、空にはめ込んだ星座の1つ。

アルカロンダス/Alcarondas
  アル=ファラゾーンがアマンへ進めた巨船。たくさんの櫂と金と黒の帆柱がある。

アル=ギミルゾール/Ar-Gimilzôr [A.]
  別名:タル=テレンナール
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀2960年〜3177年
  地域:ヌーメノール
  家族:父_アル=サカルソール、妻_インジルベース、息子_タル=パランティア、ギミルハード
  説明:ヌーメノール23代目の王。75年統治する。
     ヴァラールとエルダールに忠実である者にとって最大の敵。
     エルフ語の使用を禁じ、エルダールがヌーメノールへ来ることを拒んだ。

アルクウァロンデ/Alqualondë [Q.]「白鳥港(alqua=白鳥、londë=陸地で囲まれた港)」
  別名:白鳥港
  地域:アマンの岸辺
  説明:テレリ族の港であり、大理石と真珠で作られた壮大な都。
     ウルモが造った白鳥の形をした船を走らせていたことから、この名が付けられた。

アルグンド/Algund
  種族:人間_エダイン
  地域:中つ国
  説明:トゥーリンが合流した無法者集団の最長老。ニアナイスの生き残り。

アルゲレブ一世/Argeleb I [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1356年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父/マルヴェギル、息子/アルヴェレグ1世
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン7代目の王。

アルゲレブ二世/Argeleb II [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1670年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_アラフォール、息子_アルヴェギル
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン10代目の王。

アルゴナス/Argonath [S.]「王たちの柱(ar=王の、gond=石)」
  別名:王たちの柱
  地域:中つ国_ローハン国東端下方
  説明:大河の両側に門のようにして立つ、ヌーメノールの王イシルドゥアと
     アナーリオンの姿をした巨大な岩の柱。どちらも左の手を挙げ、
     掌を外に向けており、右手には斧が握られている。ゴンドールの防衛を強化する際、
     他国人が立ち入ることができないようにと、ローメンダキルによって建てられた。

アルゴヌイ/Argonui [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2912年
  地域:中つ国
  家族:父_アラソルン1世、息子_アラドール
  説明:北の野伏13代目族長。

アル=サカルソール/Ar-Sakalthôr [A.]
  別名:タル=ファラッシオン
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀2876年〜3102年
  地域:ヌーメノール
  家族:父_アル=ジムラソーン、息子_アル=ギミルゾール
  説明:ヌメノール22代目の王。69年統治する。

アルサド/Arthad [S.]
  種族:人間_エダイン:第一の族
  生没:第一紀?年〜460年
  地域:中つ国_ドルソニオン
  説明:バラヒアの12人の仲間で、王家の忠実なる9人の召使いのうちの1人。

アル=ジムラソーン/Ar-Zimrathôn [A.]
  別名:タル=ホスタミア
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀2798年〜3033年
  地域:ヌーメノール
  説明:ヌーメノール21代目の王。71年統治する。

アル=ジムラフェル/Ar-Zimraphel [A.] →ミーリエルを参照

アルセダイン/Arthedain
  地域:中つ国_アルノール
  説明:3つに分かれたアルノール王国の一部。

アルソーリエン/Arthórien
  地域:第一紀中つ国_ドリアス東部
  説明:アロス川とケロン川の間の地域。
     第一の合戦で主君を失ったナンドールが、避難してきて住んでいたところ。

アルダ/Arda [Q.]「王国」
  ヴァラの“マンウェが王として統べる国”という意味での地球のこと。

アルタニス/Artanis(F)「高貴な女性」 → ガラドリエルを参照

アルタノ/Artano「高位な鍛冶屋」 → サウロンを参照

アルダの支配者 → マンウェを参照

アルダの統治者 → ヴァラを参照

アルダの春 → 灯火の時代を参照

アルタフィンデ/Artafindë → フィンロドを参照

アルダミア/Aldamir [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1330年〜1540年(210歳)
  地域:中つ国(ゴンドール
  家族:父_エルダカール、兄_オルネンディル、 息子_ヴィンヤリオン
  説明:ゴンドール国22代目の王。

アルダミーレ/Ardamírë [Q.]「アルダの宝石」
  エアレンディルが母親から与えられた名前 → エアレンディルを参照

アルダローメ/Aldalómë → ファンゴルンの森を参照

アルダロン/Aldaron [Q.]「樹木の王」→ オロメを参照

アルドゥデーニエ/Aldudénië [Q.]「二つの木のための哀悼歌(alda=木)」
  ウンゴリアントによってテルペリオンとラウレリンが枯らされた出来事が語られており、
  この物語を知らないエルダールはいないとされている。エレンミーレによって作られた。

アルド=ガレン/Ard-galen [S.]「緑地」
  別名:アンファウグリス、ドル=ヌ=ファウグリス
  場所:第一紀中つ国:ロスラン
  説明:ドルソニオンの北方にある大草原。ここの草は豊かに育っていたため馬を繁殖することが出来た。
     上記別名は、モルゴスに焼かれた後につけられた名前。

アルドブルグ/Aldburg
  場所:中つ国_ローハン国
  説明:ローハンにあるエオメルの住居。青年王エオルの館があった所。

アルドール/Aldor [R.]
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀2544年〜2645年
  地域:中つ国_ローハン国
  家族:父_ブレゴ、 兄_バルドール、弟_エオフォール、 娘3人、息子_フレア
  説明:ローハン国代3目の王。75年間王位につき長命王と呼ばれた。

アルナハ/Arnach(【指】アルナッハ)
  別名:ロッサルナハ
  場所:中つ国:白の山脈の東端下
  説明:ゴンドール国の一部。

アルノール/Arnor [S.]「王の国(ar=王の)」
  別名:北方王国
  場所:中つ国_北西
  説明:中つ国に逃れたエレンディルによって創建された、ヌーメノール人の北方王国。
     エアレンドゥア王の息子たちの不和が原因で、王国は3つに分裂し
    (アルセダイン、ルダウア、カルドラン)、4年たらずで滅亡する。

アル=ファラゾーン/Ar=Pharazôn [A.]「黄金王」
  別名:タル=カリオン
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀3118年〜3319年
  地域:ヌーメノール
  家族:父_ギミルハード、妻_タル=ミーリエル
  説明:ヌーメノール25代目、最後の王。64年統治する。
     反乱軍の指導者で、タル=パランティア亡き後、彼の娘ミーリエルを娶り王位を奪う。
     サウロンを捕虜としヌーメノールへ連れてくるが、逆に誘惑され支配されてしまう。

アルフィリン (1)/alfirin →シンベルミネを参照

アルフィリン (2)/Alfirin [S.]
  場所:中つ国_ゴンドール
  説明:レベンニンの野に咲く花。黄金の釣り鐘に似ている。


アル=フェイニエル/Ar-Feiniel「ノルドールの白い姫君、ゴンドリンの白い姫君」→アレゼルを参照

アル=ベルザガール → タル=カルマキルを参照

アルマレン/Almaren [Q.]
  場所:中つ国が形成される前の地の中心部
  説明:ヴァラールがアルダで初めて住んだ場所。

アルミエル/Almiel
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀729年〜?
  地域:ヌーメノール
  家族:父_タル=メネルドゥア、母_アルマリアン、兄_タル=アルダリオン、姉_アイリネル
     妻_エレンディス、娘_タル=アンカリメ

アルミナス/Arminas
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:中つ国
  説明:ゲルミアと共に、オロドレスに危険を知らせるためナルゴスロンドへ向かう途中、
     トゥオルと出会い彼に道案内をする。

アルメロネス/Armenelos [Q.]
  場所:ヌーメノール:中心よりやや南西
  説明:ヌーメノールの王都。

アルロホ/Arroch
  種族:馬
  地域:中つ国_ドル・ローミン
  説明:フーリン・サリオンの馬。

アレゼル/Aredhel [S.]「高貴なるエルフ(ar=高貴な、edhel=エルフ)」
  別名:アル=フェイニエル
  種族:エルフ_ノルドール
  生没:?〜第一紀345年
  地域:中つ国(ゴンドリン→ナン・エルモス→ゴンドリン
  家族:父_フィンゴルフィン、母_アナイレ兄_フィンゴン、トゥアゴン、夫_エオル、息子_マイグリン
  容姿:黒髪、白い肌、銀と白以外の衣装は身に付けない
  説明:恐れを知らない剛気な気性の持主。ゴンドリンでの生活に倦み、兄の許しを得て都を去り、
     フェアノールの息子を訪ねる。しかし彼らは留守にしており長期間帰ってこず、
     待つのが落ち着かなくなったため、馬で遠出するようになる。その途中ナン・エルモス森で迷ったところを、
     エオルの罠にかかってしまい、彼に娶られてしまう。後に息子と共にゴンドリンへ逃亡するが、
     後を追ってきたエオルがマイグリンめがけて放った毒槍に刺されて命を落とす。

荒れ地のエルフ/Wild Elves
  ドワーフのミームがモリクウェンディを指し呼んだ名 → モリクウェンディを参照

荒れ地の国/Wilderland → ロヴァニオンを参照

アロス/Aros [S.]
  場所:第一紀中つ国_西ベレリアンド、ドリアス南側
  説明:ドリアス南側に沿っている川

アロッシアハ/Arossiach「アロス川の浅瀬」
  場所:第一紀中つ国_ドリアス北東
  説明:アロス川の浅瀬

アロド/Arod「活力に充ちた」
  種族:馬
  地域:中つ国_ローハン国
  説明:ローハンからレゴラスに贈られた馬。
     激しやすく扱いがたいが、レゴラスが乗るとおとなしくなり、命令をきくようになる。

アンドール/Andor 「贈物の国」」→ヌーメノールを参照

アンガイノール/Angainor
  アウレが作った鎖。メルコールが2回縛られた。

アンカラゴン/Ancalagon [S.]「anca=あご」
  種族:竜
  地域:中つ国
  説明:モルゴスの翼を持つ最大の黒竜。
     怒りの戦いでの最後の敵軍(龍軍)の最強者で、エアレンディルらとの空中戦で滅ぼされる。

アンガラート/Angaráto [Q.] → アングロドを参照

アングイレル/Anguirel [S.]
  アングラヘルと同じ金属で出来ているエオルの剣。後に息子のマイグリンが盗み出す。

アングハバール/Anghabar「鉄採掘場(ang=鉄)」
  場所:第一紀中つ国_環状山脈
  説明:ゴンドリンを囲んでいる環状山脈の中にある鉱床。

アングバンド/Angband [S.]「鉄の牢獄(ang=鉄、band=牢、監禁)」
  場所:第一紀中つ国_くろがね山脈西方
  説明:モルゴスが築いた地下大城塞。

アングボール/Angbor [S.]
  種族:人間_おそらくドゥーネダイン
  地域:中つ国_ゴンドール国ラメドン
  説明:ラメドンの領主。死者の軍勢を率いたアラゴルンに従い兵を進める。

アングマール/Angmar [S.]「鉄の家」
  場所:中つ国_霧ふり山脈北部、灰色山脈西端側
  説明:エテン高原の北方に存在した魔王の王国。

アングラヘル/Anglachel [S.]「鉄の炎(ang=鉄、lhach=躍る炎)」
  別名:グアザング
  説明:アングラヘルの名は、この剣が「燃える星となって天から降ってきた鉄で作られた」
     ということでつけられた。隕鉄で出来た剣。
     鍛冶のエオルがナン・エルモスに住まう許しを得るためシンゴルに贈る。
     後にベレグに与えられ、彼からトゥーリンに渡り鍛え直された後、グアサングと名付けられた。

アングリスト/Angrist [S.]「鉄を切り裂くもの(ang=鉄、ris=裂く)」
  テルハールが鍛えた短剣。鉄をも簡単に切り裂くことが出来る。
  ベレンがクルフィンから取り上げ、モルゴスの王冠からシルマリルを取るのに使用した。

アングリム/Angrim [S.]
  種族:人間_エダイン(第一の族)
  地域:中つ国
  家族:息子_ゴルリム

アングレンオスト/Angrenost [S.]「サルマンが住む以前の名(ost=砦)」→ アイゼンガルドを参照

アングロド/Angrod [S.]
  別名:アンガラート
  種族:エルフ_ノルドール
  生没:?〜第一紀455年
  地域:アマン→中つ国_ドルソニオン
  家族:父_フィナルフィン、母_エアルウェン
     兄_フィンロド、オロドレス、アイグノール、妹_ガラドリエル
  説明:フィナルフィンの三男。ダゴール=ブラゴルラハで討死。

アンゲアサス・ダイロン/Angerthas Daeron
  キアスの変形文字。ケアサス・ダイロンより古い形。 → キアスを参照

アンゲアサス・モリア/Angerthas Moria「モリアの長いルーン文字」
  キアスの変形文字。 → キアスを参照

アンゲリマール/Angelimar
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ドル・アムロス
  家族:息子_アドラヒル
  説明:ドル・アムロス20代目の領主。イムラヒルの祖父

暗黒の時代/the Age of the Darkness
  説明:アマンが「2本の光の時代」の間、中つ国ではメルコールの地下要塞ウトゥムノが規模を増し、
     邪悪なものが数多く創りだされた。二番目の要塞アングバンドも創られ、
     サウロンやバルログなどが支配下に置かれる。完全にメルコールに支配された中つ国は、
     廃虚と暗闇の状態が1万年ほど続いた。

暗黒時代/Black Years , Dark Years
  別名:呪われた年月
  説明:力を徐々に強めていったサウロンが一つの指輪を完成させたことで各地で戦争がおき荒廃が広まった。
     そのサウロンを最後の同盟の戦いで倒すまで中つ国で続いた暗い時代のことをいう。

アンジェリカ・バギンズ/ Angelica Baggins
  種族:ホビット
  説明:ビルボの誕生パーティーで丸い凸面鏡をもらう。自分のことを器量よしと思っている。

アンドゥイン/Anduin [S.]「長い川(an=長い、duin=川)」
  別名:大河、ラングフロッド
  場所:中つ国_灰色山脈から真直ぐ南へ流れ、ベレファラス湾に注ぐ
  説明:霧ふり山脈の東を流れる大河。指輪の一行がロスローリエンを出た後船に乗って下る。

アンドゥスタール/Andustar
  場所:ヌーメノール
  説明:ヌーメノールの星形地形を、5分割した地の東北半島。

アンドゥーニエ/Andúnië [Q.]「日没(andúnë=入り日・西)」
  場所:ヌーメノール
  説明:ヌーメノール西岸の都市であり港。

アンドゥリル/Andúril「西方の焔(ril=輝き)」
  ナルシルが鍛え直された後につけられた名前→ ナルシルを参照

アンドラス/Andrath「長登坂(an=長い)」
  場所:中つ国_エリアドール
  説明:塚山丘陵と南連丘の間を通る緑道の隘道。

アンドラスト/Andrast「長い岬(an=長い)」
  場所:中つ国_アイゼン川とレフヌイ川の間
  説明:白の山脈の西端にある岬。

アンドラム/Andram「長城(an=長い、ram=壁)」
  場所:第一紀中つ国_ベレリアンド
  説明:ベレリアンドを横断している断層。

アンドール/Andor 「贈物の国」→ ヌーメノールを参照

アンドローグ/Andróg
  種族:人間_エダイン
  地域:中つ国_ドル=ローミン出身
  説明:トゥーリンが合流した無法者の群れのリーダー。

アンドロス/Androth [S.]
  場所:第一紀中つ国:ドル=ローミン
  説明:トゥオルが灰色エルフに育てられた洞窟。

アンドワイズ・ギャムジー/ Andwise Gamgee
  別名:縄作りアンディ
  種族:ホビット
  説明:サムの伯父。

アンナイル/Annael [S.]
  種族:エルフ_シンダール
  地域:中つ国_ミスリム
  家族:養子_トゥオル
  説明:両親の亡くなったトゥオルを育てる。

アンナタール/Annatar
  サウロンがエレギオンに潜入しているときの名 → サウロンを参照

アンヌーミナス/Annúminas [S.]「西の塔、または日没の塔(minas=塔)」
  場所:中つ国_ホビット庄北側
  説明:ネヌイアル湖のほとりにあった北方王国の都。

アンノン=イン=ゲリズ/Annon-in-Gelydh「ノルドールの門」
  別名:ノルドールの門
  場所:第一紀中つ国_ドル=ローミン
  説明:キリス・ニンニアハへ通じる地下水路の入口。

アンバルト/Ambart [Q.]
  アムロドに母親から与えられた名前 → アムロドを参照

アンバルッサ/Ambarussa [Q.]
  アムロドとアムラスに最初に与えられた名前 → アムロドを参照

アンバローナ/Ambaróna [エント語] → ファンゴルンの森を参照

アンファウグリア/Anfauglir 「乾く顎」→ カルハロスを参照

アンファウグリス/Anfauglith [S.] → アルド=ガレンを参照

アンファラス/Anfalas [S.]「長浜(an=長い、falas=岸辺)」
  別名:長浜
  場所:中つ国:ゴンドール国
  説明:ベルファラス湾に面した沿岸地域。

アンボルン/Anborn [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ゴンドール国イシリエン
  説明:ゴンドールの兵士でイシリアンの野伏。ファラミアの部下。

アンワルの丘/Hill of Anwar → ハリフィリエンを参照


>> Next【イ】