=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【イ】

イヴンディム湖
  場所:中つ国_北方

イエスタレ/yestarë
  最初に太陽が昇った日のこと。エルフの太陽年の最初の日。

怒りの戦い/War of Wrath
  別名:大会戦
 年代:第一紀583年
  場所:中つ国_ベレリアンド
  説明:ベレリアンドに於ける6回目の合戦。
     シルマリルを持っていたことで、西地へ潜入することが出来たエアレンディルは、
     ヴァラールに助けを求め、その願いを聞き入れられる。ヴァリノールからヴァンヤール族、
     ノルドール族、テレリ族(船を操るだけ)が出軍し、アングバンドを攻撃する。
     この戦いでモルゴスの全領土を消滅させ、モルゴスは再び捕らえられる。

戦さ坑/Battle Pit
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:サルマンの手下の死体を埋めた塚。

藺草村(いぐさむら)/Rushy
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:東四が一の庄沢地の村。

石の巨人/stone-giants
 種族:石
  地域:中つ国_霧りふり山脈の谷間

石弓橋/Bridge of Stonebows → ブランディワイン橋を参照

イシリエン/Ithilien [S.]【指】イシリアン「月の国(thil=月)」
  場所:中つ国_ゴンドール国とモルドールの間
  説明:大河と影の山脈に挟まれたゴンドール国東端の地。指輪戦争の後はファラミアがこの地の太守となる。

イシル/ Isil [Q.]「明るく照らすもの」
  別名:ラーナ
  説明:月のこと。
     テルペリオンに最後に咲いた銀色の花をマンウェが清め、ヴァルダが月として黄道上に置いた。
     この出来事はナルシリオンに語られている。月の船を動かしているのはマイアのティリオン。

イシルディン/Ithildin [S.]「星月(ithil=月)」
  モリアの西門に使用されている金属。月と星の光だけを反射し、呪文を唱えながら触れると目に見える。

イシルドゥア/ Isildur「isil=月」
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀3209〜第三紀2 (234歳)
  地域:ヌーメノール→中つ国_ゴンドール国、ミナス・イシル
  家族:父_エレンディル、弟_アナーリオン、息子_アラタン、エレンドゥア、キアヨン、ヴァランディル
  説明:エレンディルの長男。父と弟と共にヌーメノールから中つ国へ逃れ、
     そこにヌーメーノール人の王国を建てる。ミナス・イシルの城主。
     サウロンの手から一つの指輪を切り落とし我が物とするが、
     オークに襲われた際、大河に落としそこで殺される。

イシルドゥアの石 → エレヒの石を参照

イシルドゥアの禍 → 一つの指輪を参照

イシルボール/ Ithilbor
  種族:エルフ_ナンドール
  地域:中つ国
  家族:息子_サイロス

イシルメ/Isilmë
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀532年〜?
  地域:ヌーメノール
  家族:父_タル=エレンディル、姉_シルマリエン、弟_タル=メネルドゥア

イシルモ/Isilmo
  種族:人間(ドゥーネダイン
  地域:ヌーメノール
  家族:父_タル=スリオン、姉_タル=テルペリエン、息子_タル=ミナスティア

石弓橋/Bridge of Stonebows → ブランディワイン橋を参照

イスタリ/ Istari[Q.]「集団に属する者たち」
  イスタルの複数形 → イスタルを参照

イスタル [Q.]「集団に属する者」
  複数形:イスタリ
  別名:イスリン、イスロン
  説明:サウロンの影が中つ国に降りたときに、ヴァラールたちがエルの許しを得て
     中つ国に送り込んだ5人のマイアール(ガンダルフ、サルマン、ラダガスト、アラタール、パルランド)。
     本編に登場するのはガンダルフ、サルマン、ラダガストの3人。

泉の主 → エクセリオンを参照

イスリン [S.]
  イスタルのシンダール語の複数形 → イスタルを参照

イスロン [S.]
  イスタルのシンダール語の単数形 → イスタルを参照

偉大なる者たち → ヴァラを参照

イタリル/Itarillë [Q.] → イドリルを参照

イタリルデ/ Itarildë [Q.] → イドリルを参照

イドリル/Idril [S.]「ril=輝き」
  別名:ケレブリンダル、イタリル、イタリルデ
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:中つ国_ゴンドリン→アマン
  家族:父_トゥアゴン、母_エレンウェ、夫_トゥオル(人間)、息子_エアレンディル
 容姿:ラウレリンの黄金のような金髪
  説明:人間のトゥオルと結婚する。ゴンドリンから逃れた後トゥオルと西方へ向かう。
イドリルのしるし
矢車草。
イドリルと矢車草の関係は説明されていない。
円の縁に12のポイントが触れているのは王の娘であることをあらわしている。

イーバル/Îbal
 種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:ヌーメノール
  家族:父_ウルバル

畏怖の丘/Hill of Awe → ハリフィリエンを参照

イブン/ Ibun
  種族:小ドワーフ
  地域:中つ国_アモン・ルーズ
  家族:父_ミーム、兄弟_キーム

イムラス・ゴンドライヒ/Imrath Gondraich → 石車谷を参照

イムラゾール/ Imrazôr
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ドル・アムロス
  家族:妻_ミスレルラス(エルフ)、息子_ガラドール、娘_ギルミス
  説明:ドル・アムロスの最初の大公ガラドールの父。

イムラドリス/Imradris [S.](Imrad=切り立った峡谷、ris=裂く)→ 裂け谷を参照

イムラハ/Imlach
  種族:人間_エダイン、第三家系
  地域:中つ国
  家族:父_マラハ、兄弟_マラハ・アラダン、息子_アムラハ

イムラヒル大公/Prince Imrahil
  種族:人間_ドゥーネダイン+エルフの血筋
  生没:第三紀2955年〜第四紀34年 (99歳)
  地域:中つ国_ゴンドール国、ドル・アムロス
  家族:父_アドラヒル、姉_フィンドイラス、イヴリニエル、
    息子_エルフィール、エアヒリオン、アムロソス、娘_ロシリエル
  容姿:金髪、白皙
  説明:ドル・アムロスの領主。ペレンノール野の戦いなどに参戦。
     デネソールが死にファラミアが重症を負っていたときには、執政の代理を務めた。
     戦後はエレスサール王、エオメル王と強い友情を結ぶ。

イーリモン/Írimon → タル=メネルドゥアを参照

イルーヴァタール/Ilúvatar 「万物の父、神、唯一なる御方(ilúvë=完全・全て)」→ エルを参照

イルーヴァタールの子ら/Children of Ilvatar
  別名:エルの子ら、子ら、地上の子ら、この世の子ら
  説明:エルフと人間のこと

イルマリン/Ilmarin [Q.]「空高く聳える館」
  場所:アマン_タニクウェティル山頂
  説明:マンウェとヴァルダの宮居。

イルマレ/Ilmarë [Q.]
  種族:アイヌ_マイア
  地域:アマン
  説明:ヴァルダの侍女。

イルモ/Irmo [Q.]
  ローリエンの本名 → ローリエンを参照

イルルイン/Illuin
  場所:第一紀が始る前の中つ国
  説明:アルマレンの南北に建てられた2つの灯火の北側の方。
     アウレによって作られるが、後にメルコールに覆される。

岩村/Scary
 場所:中つ国_ホビット庄
  説明:東四が一の庄の村。

インカーヌス/Incánus
  ガンダルフが南の地方で呼ばれていた名前 → ガンダルフを参照

イングウェ/ Ingwë [Q.]
  種族:エルフ_ヴァンヤール
  地域:中つ国→アマン
  容姿:金髪
  説明:西方へ渡るエルフの先頭にたったヴァンヤール族の長。
     アマンでは全エルフの上級王と見做される。

イングロリオン/Inglorion → ギルドールを参照

インゴルド/Ingold
  種族:人間
  地域:中つ国_ゴンドール国
  説明:戦士。ランマスの北壁を警備している。

インジルベース/Inzilbêth [A.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:ヌーメノール_アンドゥーニエ
  家族:母_リンドーリエ、夫_アル=ギミルゾール、息子_タル=パランティア、ギミルハード
  説明:アンドゥーニエ領主の姫。

インディス/Indis [Q.]「偉大な、あるいは勇敢な女性」
  種族:エルフ_ヴァンヤール
  地域:アマン
  家族:夫_フィンウェ、息子_フィンゴルフィン、フィナルフィン
 容姿:金髪
  説明:イングウェの近親者(イングウェの姉妹の娘にあたると言われている)。フィンウェの2度目の妻。


【ア】<< Previous Next>> 【ウ】