=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【ウ】

ヴァイレ/Vairë [Q.]
  種族:アイヌ_ヴァリエ
  地域:アマン
  家族:夫_マンドス
  説明:織姫。時間の中に存在したことを物語に織りなす。

ウアウェン/Urwen
  ラライスの本名 → ラライスを参照

ヴァーサ/Vása [Q.]「焼き尽くすもの」→ アナールを参照

ウアセル/Urthel
  種族:人間_エダイン第一の族
  生没:第一紀?年 〜 460年
  地域:中つ国_ドルソニオン
  説明:バラヒアの12人の仲間で王家の忠実なる9人の召使いのうちの1人。オークに殺される。

ヴァーナ/Vána [Q.]「常若の者」
  種族:アイヌ_ヴァリエ
  地域:アマン
  家族:夫_オロメ、姉_ヤヴァンナ
  説明:足を運ぶところには花々が生じ、鳥がさえずる。

ヴァラ/vala「力ある者たち、諸力(val=力)」
 複数形:ヴァラール
  別名:偉大なる者たち、西方王土の諸王、ヴァリノールの諸王、アルダの統治者、ベライン
 説明:世界が存在し始めた頃アルダに降り、世界を運営する役目を引き受けた、
     最も力のある14人のアイヌアのこと。ヴァリノールに住んでいる。
     アウレ、ウルモ、オロメ、トゥルカス、マンウェ、マンドス、ロリアン、
     ヴァーナ、ヴァイレ、ヴァルダ、エステ、ニエンナ、ネスサ、ヤヴァンナの14人

ヴァラカール/Valacar
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1194年〜1432年(238歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_ミナルカール、妻_ヴィドゥマヴィ、息子_エルダカール
  説明:ゴンドール国第19代の王。
     父が王の時代、大使としてロヴァニオンの王ヴィドゥガヴィアのもとへ送られ、
     北国人の言語、習慣、政治等を学ばされる。
     次第にその土地や人々を愛するようになり、ヴィドゥガヴィアの娘ヴィドゥマヴィと結婚。
     しかし異国の人間と結婚するという前代未聞の行いは、後にゴンドールで反乱を起こすことになった。

ヴァラクウェンタ/Valaquenta「ヴァラールについての話」
  ヴァラールについて語られている、クウェンタ・シルマリルリオンとは別の短編。

ヴァララウカール /Valaraukar [Q.]「力強き悪鬼たち」
  ヴァララウコの複数形 → バルログを参照

ヴァララウコ /Valarauko [Q.]「力強き悪鬼」 → バルログを参照

ヴァラール/Valar
  ヴァラの複数形 → ヴァラを参照

ヴァラールの禁制/Ban of the Lords
  ヴァラールがヌーメノール人に対し、ヌーメノールの沿岸が見えなくなるほど西に航海することを禁じたこと。

ヴァラールの二本の木 → 二本の木を参照

ヴァラローマ/Valaroma [Q.]「ヴァラの笛(rom=笛)」
  オロメの角笛。
 その響きは、赤赤と太陽が昇るが如く、或いは光る稲妻が雲を裂くにも似ている(旧sil.p36)

ヴァランディル (1)/Valandil
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀630年〜?
  地域:ヌーメノール
  家族:父_エラタン、母_シルマリエン
  説明:アンドゥーニエの最初の君主。

ヴァランディル (2)/ Valandil
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀3430年〜第三紀249年(260歳)
  地域:中つ国_アルノール
  家族:父_イシルドゥア、兄_アラタン、エレンドゥア、キアヨン、息子_エルダカール
  説明:アルノール国の第3代目の王。父と兄たちの討死により王位を継承。

ヴァランドゥア/Valandur
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀460年 〜 652年(190歳)
  地域:中つ国_アルノール
  家族:父_タロンドール、息子_エレンドゥア
  説明:アルノール国の第8代目の王。

ヴァリアグ/Variags
 ハンドの国に住む野蛮な人間。東夷やハラドリムと同じくサウロンに従う。 

ヴァリエ/valie [Q.]「ヴァラールの妃たち」
  複数形:ヴァリエア
  説明:女性のヴァラールのこと。
     ヴァーナ、ヴァイレ、ヴァルダ、エステ、ニエンナ、ネスサ、ヤヴァンナの7人。

ヴァリエア/Valier [Q.]
  ヴァリエの複数形 → ヴァリエを参照

ヴァリノール/Valinor [Q.]「守り堅き王国(val-=力)」
  場所:アマン
  説明:ペローリ山脈の背後にある、ヴァラールの領国。
     ここに生あるものは全て清められ、傷いたり病んだりすることはない。

ヴァリノール語/Valinorean → クウェンヤ語を参照

ヴァリノールの二本の木 → 二本の木を参照

ヴァリノールの諸王 → ヴァラを参照

ヴァリノールのエルフ語 → クウェンヤ語を参照

ヴァリマール/Valimar「ヴァラールの家」
  場所:アマン_ヴァリノールの真中
  説明:ヴァラールの首都であり唯一の都。金銀の建物が多く、素晴らしい鐘の音が奏でられている。

ヴァルダ/Varda [Q.]「崇むべきもの、いと高きもの」
  別名:エルベレス、ギルソニエル、ティンタルレ、エレンターリ、星々の妃
  種族:アイヌ_ヴァラ
  地域:アマン_タニクウェティル、イルマリン
  家族:夫_マンウェ
  説明:8人のアラタールの1人。星々の作り手。
     エルフからはエルベレスと呼ばれ、最も崇拝、敬愛されている。

ヴァルダ/Walda
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀2780年〜2851年
  地域:中つ国_ローハン国
  家族:父_レオファ、息子_フォルカ
  説明:ローハン国12代目の王。9年しか王位についていない。オークの罠によって殺される。

ヴァルダミア/Vaedamir [Q.]
  別名:ノーリモン
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第二紀61年〜471年
  地域:ヌーメノール
  家族:父_タル=ミンヤトゥア、弟_マンウェンディル、アタナルカール、妹_ティンドーミエル
     息子_タル=アマンディル、アウレンディル、ノロンディル、娘_ヴァルディルメ
  説明:王位を断るが、それでも王笏を与えられ、法的に2代目の王とされている。

ヴァルダリアンナ/Vardarianna「ヴァルダの最愛の木」
  地域:トル・エレッセア、ヌーメノール
  説明:エレッセアのエルダールによってヌーメノールに持ち込まれた常緑樹。

ヴァンヤ/Vanya [Q.]「色白金髪」
 複数形:ヴァンヤール
  別名:金髪エルフ、金髪の民
  説明:エルフが誕生したクウィヴィエーネンの地から西方へ向かったエルフの第1軍。
     イングウェが指揮者。その名が意味する通りこの種族は金髪をしている。

ヴァンヤール/Vanyar [Q.]
  ヴァンヤの複数形 → ヴァンヤを参照

ヴィドゥガヴィア/Vidugavia
  種族:人間_北国人
  地域:中つ国_ロヴァニオン
  家族:娘_ヴィドゥマヴィ
  説明:自称ロヴァニオンの王で、実際、北国人の諸侯の中で最も勢力があった。
     ローメンダキル1世の戦いを補佐したことで、特に引き立ててもらい、
     北国人との絆を深めたいと願っていた王から、しばらくの間王の息子ヴァラカールをあずかり、
     言語や習慣、政治を教えた。

ヴィドゥマヴィ
  別名:Vidumavi「森の乙女」
  種族:人間_北国人
  地域:中つ国_ロヴァニオン→ゴンドール
  家族:父_ヴィドゥガヴィア、夫_ヴァラカール、息子_エルダカール
  説明:美しく高貴な夫人。
     ロヴァニオンに大使としてやって来たゴンドールの王位継承者のヴァラカールと結婚する。
     しかしゴンドール側はこれを良く思わず、後に同族の争いが勃発する。

ウィドファラ/Widfara
  種族:人間_ロヒアリム
  地域:中つ国_ローハン国
  説明:騎士。先に起こる変化を予感し、セオデンに意見する。

ヴィニサルヤ/Vinitharya → エルダカールを参照

ウイネーニエル/Uinéniel「ウイネンの娘」 → エレンディスを参照

ウイネン/Uinen [S.]「nen=水」
  種族:アイヌ_マイア
  地域:海
  家族:夫_オッセ
  説明:海の妃。ヌメノール人からはヴァラールにも劣らぬほど崇められていた。

ウイネンディリ/Uinendili「ウイネンを愛する者」
  海へ航海するヌーメノール人の冒険者たちの名

ウイリアム/William
  種族:トロル
  生没:?〜第三紀2941年
  地域:中つ国_裂け谷の少し西側
  説明:「ホビットの冒険」で、ビルボとドワーフたちを捕らえた3人のトロルの1人。
     ガンダルフの知恵によって朝の光を浴び、石に変わってしまう。
    「指輪物語」の中で、アラゴルンとホビット4人が裂け谷に向かう途中、
     この石に変わったトロルたちの前で休憩をとる。
     本来トロルという生き物は、言葉を教えてもそれを習得する者は少なかった。
     このトロルたちは難なく会話をしているため大変頭が良かったと考えられる。

ヴィルヤ/Vilya「vil=風」
  別名:力の指輪、風の指輪、サファイアの指輪、青の指輪
  説明:アンナタールから与えられた技術を用いて、
     ケレブリンボールが1人で造った三つの指輪の1つで最も力が強い。
     ギル=ガラドからエルロンドに渡される。金の指輪に青玉(サファイヤ)が嵌め込まれている。


ウィルワリン/Wilwarin
  ヴァラールが創った美しい生き物。後に人間から蝶と呼ばれる。

ウィルワリン/Wilwarin「蝶」
  蝶のような形から見ておそらくカシオペア座だと思われる。

ウイロス/uilos → シンベルミネを参照

ヴィンギロト/Vingilot [Q.]「水沫の花」
  別名:ロシンジル
  説明:エアレンディルの船。歌に歌われた全ての中で、最も美しい。
     櫂は金色、肋材はニンブレシルの樺を使用しているので白、帆は銀白色。

ヴィンヤマール/Vinyamar「(おそらく)新しい住処」
  場所:第一紀中つ国_西ベレリアンド西端
  説明:ネブラストのタラス山の山麓にあるトゥアゴンの館の名前。

ヴィンヤリオン/Vinyarion
  別名:ヒャルメンダキル2世
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1391年〜1621年(230歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_アルダミア、息子_ミナルディル
  説明:ゴンドール国第23代の王。

ヴィンヤロンデ/Vinyalondë「新港」
  別名:ロンド・ダイア
  場所:中つ国_グワスローの河口
  説明:タル=アルダリオンによって築かれた港。

ウォーゼ /Woses
  ゴンドール人の野人に対する呼名 → 野人を参照

ヴォロンウェ(1)/Voronwë [Q.]「不動のもの」
  種族:エルフ_ノルドール+シンダール
  地域:中つ国_ゴンドリン
  家族:父_アランウェ、母_キーアダンの親族
  容姿:海の色をした灰色の目
  説明:第五の合戦の後、西方に遣わされた船の中でただ1人生き残った航海者。
     ウルモにトゥオルをゴンドリンに案内する使命を与えられ、2人で過酷な旅に出る。

ヴォロンウェ(2)/Voronwë [Q.] → マルディルを参照

ヴォロンディル/Vorondil [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 2029年
  地域:中つ国_ゴンドール
  説明:エアルニル2世の時代の執政(1998〜2029年)。
     優れた狩猟者でもあり、指輪隊のボロミアの角笛は彼から代々伝えられてきたものである。

ヴェアントゥア/Vëantur
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:ヌーメノール
  家族:娘_アルマリアン
  説明:タル=エレンディルの配下にある王家の艦船の船長。
     王家に嫁いだ娘の子アルダリオンをたいそう可愛がり、船や航海についての知識を教えた。

浮木亭/the Floating Log
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:蛙村にある宿屋。

ウグルク/Uglúk
  種族:ウルク=ハイ
  生没:?〜第三紀3019年
  地域:中つ国_アイゼンガルド
  説明:サルマンに仕えるウルク=ハイの隊長。
     ボロミアを殺しメリーとピピンをとらえるが、後にエオメルに殺される。

ウダルラフ /Udalraph「あぶみ無しの」 → ボロンディアを参照

ウトゥムノ/Utumno [Q.]
  場所:初期の中つ国北部
  説明:メルコールの最初の大砦。ヴァラールに破壊される。

ウドゥーン/Udûn [S.]【指】ウドゥン「地獄」
  場所:中つ国_モルドール北西端
  説明:影の山脈と灰の山脈に囲まれた谷間。

奪われたる者/The Dispossessed
  フェアノール一族のこと。フィンゴンがモルゴスに捕らわれたマイズロスを助けた一件で、
  フェアノール家にあった王権がフィンゴルフィン家に移ったことと、シルマリルが失われたことからこう呼ばれた。

ウフサク/Ufthak
  種族:オーク
  生没:中つ国_キリス・ウンゴル
  説明:シェロブに捕らえられる。

ウーマンヤール/「アマンに属さぬ者」Úmanyar [Q.]
  エルフが誕生した地クウィヴィエーネンから西方へ旅立ったが結局アマンへ辿り着けなかったエルフのこと。
  対義語:アーマンヤール

海のエルフ → ファルマリを参照

海の王 → ウルモを参照

ウーライリ/Ulairi → ナズグールを参照

ウルク=ハイ/Uruk-hai [B.]
  オークの新種。黒い肌で黒い血。昼間も行動が可能。
  甲冑や鎖帷子を着用しており、オークよりも力が強い。

ウルドール/Uldor
  別名:呪わしき者
  種族:人間_東夷
  生没:第一紀?年 〜 473年
  家族:父_ウルファング、兄弟_ウルファスト、ウルワルス
  説明:マグロールに殺される。

ウルファスト/Ulfast
  種族:人間_東夷
  生没:第一紀?年 〜 473年
  家族:父_ウルファング、兄弟_ウルドール、ウルワルス
  説明:ニアナイス=アルノイディアドでボールの息子に殺される。

ウルファング/Ulfang
  別名:腹黒きウルファング、黒色王
  種族:人間_東夷
  家族:息子_ウルドール、ウルワルス、ウルファスト
  説明:東夷の族長。息子たちと共にエルフのカランシアに従うが裏切る。

ウルラド/Ulrad
  種族:人間_エダイン
  地域:中つ国
  説明:トゥーリンが合流した無法者集団の仲間。

ウルバル/Ulbar
  別名:羊飼いの殿
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:ヌーメノール
  家族:妻?、息子_イーバル
  説明:ハルラタンに仕えた羊飼い。タル=アルダリオンの航海者となる。

ウルムーリ/ Ulumuri [Q.]
  白い貝で作られたウルモの大角笛。サルマールの作品。
  この音を聞くと心から離れず、常に心は海へと向けられるようになる。

ウルモ/Ulmo [Q.]「雨を降らせるもの」
  別名:水の支配者、海の王、水底深く住むお方
  種族:アイヌ_ヴァラ
  地域:海
  アイテム:ウルムーリ
  説明:8人のアラタールの1人。
     マンウェに次いで力のある者で、アルダに於ける全ての水を支配している。
     普段は姿形を身に付けず水の中にいるが、現れるときは鎖帷子や兜を着用している。

ウルローキ/Urulóki [Q.]「火の蛇「(ur=熱い・熱)」」
  火竜の一種。

ウルワルス/Ulwarth
  種族:人間_東夷
  生没:第一紀?年 〜 473年
  家族:父_ウルファング、兄弟_ウルドール、ウルファスト
  説明:ニアナイス=アルノイディアドでボールの息子に殺される。

ウンゴリアント/Ungoliant [S.]
  種族:蜘蛛(の姿をした悪霊)
  地域:アマン→中つ国
  説明:巨大なメス蜘蛛。メルコールと共にヴァリノールの木を枯らす。

ウンドーミエル/Undómiel [Q.]「宵の明星」 → アルウェンを参照

ウンバール/Umbar
  場所:中つ国_ゴンドール国南方
  説明:ベルファラス湾の南西に築いた天然の港と城砦。

ウンバールダキル /Umbardacil 「ウンバールの勝者」[Q.] → テルメフタールを参照

ウンバルト/Umbarto [Q.]
  アムロドが母親から与えられた名前 → アムロドを参照


【イ】<< Previous >> Next【エ】