=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【オ】

オイオムーレ/Oiomúrë [Q.]
  場所:アマン_北方
  説明:ヘルカラクセに近い霧に覆われた地域。

オイオライレ/Oiolairë「常夏」
  場所:トル・エレッセア、ヌーメノール
  説明:エレッセアのエルダールによってヌーメノールに持ち込まれた木。
     船の後悔が安全で無事に帰ってこられるようにと、木の枝を船の舳先に付けてお守りにした。

オイオロッセ/Oiolossë [Q.]「とこしえに白い、雪きえぬ白き峰」 → タニクウェティルを参照

追分/Waymeet
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:西四が一の庄の中心にある村。

オイン/Óin
  種族:ドワーフ
  生没:第三紀2774年〜2994年
  地域:中つ国_エレボール→モリア
  説明:「ホビットの冒険」での茶色のずきんをかぶった旅の仲間。
     後にモリアに移住するが、水の監視者に殺害される。

王冠(兜)
  ゴンドールの王のしるし。
  全体は白で形は高く、真珠と銀で作られている。両側に海鳥の翼に似た翼がついており
  飾り輪には7つの金剛石、その頂きには光を発する宝石がはめら、レベスロンという木の箱に保存されている。
  アノールの王は、王笏とエレンディルミアを身に付けていた。
  よってゴンドールと、アルノールの両国を統治したエレッサールはこれら全てを手にしたことになる。



黄金王 → アル=ファラゾーンを参照

黄金の国 → ロスローリエンを参照

黄金の森 → ロスローリエンを参照

王たちの柱/Pillars of the King → アルゴナスを参照

王笏
  ヌーメノールの王、アルノールの王を象徴するしるし。
  また、アルノールの王の額にはエレンディルミアも着けられた。
}


王党派/King's Men
  エルダールやエルフの友を敵対視するヌメノール人。

王の葉/Kingsfoil → アセラスを参照

大いなる歌(音楽)/Great Song (Music) → アイヌリンダレを参照

大いなる指輪 → 一つの指輪を参照

おおかみ/Wolf
  種族:犬
  地域:中つ国_ホビット庄
  説明:マゴットじいさんの番犬

大角笛/Great Horn
ボロミアが所持していた執政家に代々伝わる角笛。東の国の野牛の大角で出来ている。

大麦じいさん → バーリマンを参照

お頭 → サルマンを参照

オーク/Orc「悪鬼」
  別名:ゴブリン、オルフ(複数形はイルフ)、ブラルム、ゴルグン、ゴルグ、グラムホス、スナガ
     モリマイテ=シンカホンダ
  説明:モルゴスがエルフを堕落させ作り出した種族。姿は醜く性格は残酷で口が悪く気が短い。
     馬には乗らないがワーグに乗ることがある。力は強くないが数が多い。

オーク語/Orkish
  オークが用いた言語。オークは自分たちの言語を持っておらず、他の種族の言葉を借り、
 ねじまげたり混合して使用した。粗野で形のくずれた貧弱な言葉が集団や集落の数だけあった。
  そのためオークの間でも言葉が通じないこともあったので、第三紀に入ると意志疎通のために
  西方語を使用するようになる。それでもオーク訛りが強くオーク語のように不愉快な言葉に聞こえた。

オーケンシールド/「樫の盾」 → トーリン二世を参照

オゴル=ハイ/Oghor-hai
  オークが野人に対して呼んだ名前 → 野人を参照

オスギリアス/Osgiliath [S.]「星々の砦(gil=星、 giliath=あまたの星)」
  場所:中つ国_ミナス・ティリスとモルドールの間
  説明:大河の両岸に建てられた、古ゴンドールの首都。

オスト=イン=エジル/Ost-in-Edhil「エルダールの砦(os(t)=砦、efhel=エルフ)」
  場所:中つ国_エレギオンエレギオンにあったエルフの都。
 説明:ドワーフと交流があるため、この都はモリアの西門まで公道が通じていた。

オストヘア/Ostoher [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀222年〜492年(270歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_アナルディル、息子_タロスタール
  説明:ゴンドール国第7代の王。ミナス・アノールを建造する。

オソ・サックビル=バギンズ/Otho Sackville-Baggins
  種族:ホビット
  地域:中つ国_ホビット庄
  家族:妻_ロベリア、息子_ロソ
  説明:ビルボと仲の悪い従弟。ビルボが2度目の旅い出た何十年か後102歳で亡くなる。

オッシリアンド/Ossiriand [S.](【指】オスシリアンド)「7つの川の国(sîr=[川])」
  別名:リンドン
  場所:第一紀中つ国_東ベレリアンドの東側
  説明:緑エルフの住む国。暖かく穏やかな土地でゲリオン川と東西に流れる6つの川が縦列に並んでいる。
    第一紀の終わりに中つ国の西側は海に没したがオッシリアンドのみ残り、後にリンドンと呼ばれる。

オッセ/Osse [Q.]
  別名:Gaerys
  種族:アイヌ_マイア
  地域:海
  家族:妻_ウイネン
  説明:ウルモの臣下。中つ国の岸辺を洗う海の主。

躍る小馬亭/the Prancing Pony
  場所:中つ国_ブリー郷
  説明:バーリマン・バタバーが経営するブリー郷の宿。
     3階建てで、ホビット用の部屋や集会所がある。フロドたちが初めて馳夫と出会う場所。

オノドリム/Onodrim [S.] → エントを参照

オノドロー/Onodló [S.] → エント川を参照

オホタール/Ohtar「戦士」
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ゴンドール国
  説明:イシルドゥアの従者。エレンディルの折れた剣を裂け谷に持ち帰る。

おぼろ谷/Dimrill Dale
  別名:アザヌルビザール、ナンドゥヒリオン
  場所:中つ国_霧ふり山脈の中心辺り
  説明:モリアの東門を出たところ。鏡の湖がある。

おぼろ谷登道/Dimrill Stair
  場所:中つ国_霧ふり山脈の中心辺り
  説明:赤角口山道からおぼろ谷に下る道。

おぼろ林/ Dimholt
  場所:中つ国_ローハン国、馬鍬砦
  説明:白の山脈の中の精霊山の麓にある林。

オラルド/Orald
  北方の人間たちがトム・ボンバディルを指して呼ぶ名前 → トム・ボンバディルを参照

オーリ/Ori
  種族:ドワーフ
  生没:?〜第三紀2994年
  地域:中つ国_エレボール→モリア
  説明:「ホビットの冒険」での灰色ずきんをかぶった旅の仲間。後にモリアに移住。オークに殺される。

オルヴァール/olvar「地中に根を張って育つもの」
  植物など、地中に根を張って育つ生物をさすエルフ語。
  ※動く生き物を指す言葉はケルヴァール

オルウェ/ Olwë [Q.]
  種族:エルフ_テレリ(ファルマリ)
  地域:中つ国→アマン_アルクウァロンデ
  家族:兄_エルウェ(シンゴル)、弟_エルモ、娘_エアルウェン
  説明:兄と共に西方へ向かうテレリ族を率いる。途中エルウェは行方をくらますが、
     その後も先頭に立ってアマンへ渡り、アルクウァロンデでテレリ族の王となる。

オルクリスト/Orcrist [S.]
  別名:かみつき丸
  説明:トーリン・オーケンシールドの剣。「ホビットの冒険」の旅中、トロルの洞穴で見いだした剣。
     ゴンドリンで鍛えられた天下の名剣で、ガンダルフのグラムドリングと対になっている。



オルサンク/Orthanc [S.]「分岐せる塔」
  別名:牙の山
  場所:中つ国_霧ふり山脈最南端
  説明:ゴンドール初期の時代にヌーメノール人がアイゼンガルドに建てた塔。第三紀にはサルマンが住まう。
     環になった岩壁の中心に建っており高さは500フィート以上。黒く輝く堅い岩で造られている。
     入口の階段は27段。

オールド・ヴィンヤード/Old Winyards
  ホビット庄南四が一の庄産の強い赤ワイン。

オルネンディル/Ornendil [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年〜1437年
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_エルダカール、弟_アルダミア
  説明:簒奪者カスタミアに捕らえられ、死刑にされる。

オルハルドール/Orchaldor
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:ヌーメノール
  家族:父_ハソルディア、妻_アイリネル、息子_ソロント

オルフ/Orc → オークを参照
  複数形:イルフ

オルファルヒ・エホール/Orfalch Echor
  地域:第一紀中つ国_環状山脈
  説明:環状山脈を抜ける大峡谷。隠れ王国への出入り口。

オルマル/Ormal
  地域:第一紀が始る前の中つ国
  説明:アルマレンの南北に建てられた2つの灯火の南側の方。
     アウレによって作られるが、後にメルコールに覆される。

オルロスタール/Orrostar「東地方」
  場所:ヌーメノール
  説明:ヌーメノールの星形地形を、5分割した地の東北半島。

オルレグ/Orleg
  種族:人間_エダイン
  地域:中つ国
  説明:トゥーリンの無法者集団の一員。
     トゥーリンと一緒にオークの様子を探りに出たが見つかってしまい、矢を射られて殺される。

オロカルニ/Orocarni [Q.]「赤の山脈(orod=山、caran=赤)」
  場所:第一紀中つ国_東方
  説明:南北に長く連なる山脈

オログ=ハイ/Olog-hai [B.]
  サウロンが創り出したトロルの新種。姿はトロルと変わりないが光を恐れない。
  甲冑を身に付け武器も持ち、非常に恐ろしかった。サウロンの消滅とともに正気を失い全滅する。

オロドルイン/Orodruin [S.]「紅炎の山(ruin=紅蓮の炎)」
  別名:滅びの山アモン・アマルス
  場所:中つ国_モルドール北西部
  説明:火山。指輪が鍛えられた所で、指輪を葬る旅の最終地点。
     アモン・アマルスはサウロンがヌーメノールから戻った後に付けられた名前。

オロドレス/Orodreth [S.]
  種族:エルフ_ノルドール
  生没:?〜第一紀496年
  地域:アマン→中つ国_ナルゴスロンド
  家族:父_フィナルフィン、母_エアルウェン
     兄弟_フィンロド、アイグノール、アングロド、妹_ガラドリエル
  説明:フィナルフィンの次男。兄のフィンロドの死後ナルゴスロンドの王となる。トゥムハラドの戦いで討死。

オロドレス/Orodreth
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀2576年 〜 2685年(109歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  説明:ゴンドール国の統治権をも持った16代目の執政。

オロファントゥア/Olofantur
  ローリエンの本名がイルモに変更される前の名前 → ローリエンを参照

オロフィン/Orophin
  種族:エルフ_シルヴァン
  地域:中つ国_ロスローリエン
  家族:兄弟_ハルディア、ルーミル
  説明:兄弟たちとロスローリエン境界の見張りをしている。

オロフェア/Oropher
  種族:エルフ_シンダール
  地域:中つ国_ドリアス→緑森大森林
  家族:息子_スランドゥイル
  説明:シンゴルの親族だと言われる。
     ドリアス崩壊後、息子スランドゥイルと共に緑林大森林にやってきて建国し、
     シルヴァン・エルフらの王となる。最後の同盟の戦いで戦死。

オロメ/Oromë [Q.]「角笛吹き、角笛の音 「rom」=笛」
  別名:アルダロン、タウロン、アラウ、ベーマ、森の主
  種族:アイヌ_ヴァラ
  地域:アマン_ヴァリノール南
  家族:妹_ネスサ、妻_ヴァーナ
  アイテム:ヴァラローマ、ナハール
  説明:8人のアラタールの1人。偉大なる狩人で獣の調教師。最初にエルフを見いだし西方へ導く。

オロメト/Oromet [Q.]
  場所:ヌーメノール_西部
  説明:タル=ミナスティアの塔がある丘。

オローリン/Olórin
  ガンダルフがヴァリノールにいるときの名前 → ガンダルフを参照

オンドヘア/Ondoher [Q.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1787年〜1944年(157歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_カリメフタール、 娘_フィリエル、息子_アラタミア、ファラミア
  説明:ゴンドール国第30代の王。息子と共にモランノンの北の合戦上で討死する。

オンドリンデ/Ondlindë [Q.]「石の歌(ondo=石、lindë=歌)」 → ゴンドリンを参照

御目 → 目を参照


【エ】<< Previous >> Next【カ】