=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【カ】

カイア・アンドロス/Cair Andros [S.]「長い水沫の船(an=長い)」
  場所:中つ国_ミナス・ティリスの北東
  説明:大河の中にある長い島。
     島が船の形をしており川の流れが舳先部分に激しくぶつかるところから、この名が付けられた。

海賊/Corsairs
  別名:黒きヌメノール人
  説明:悪に屈したヌメノール人とその子孫たち。中つ国沿岸で猛威を奮い人々を脅かしていた。
     ゴンドール南に築かれたウンバールを征服し、ウンバールの海賊と呼ばれる。
     第三紀の終わりにアラゴルンがこれを全滅させ、海賊船に乗ってペレンノール野に向かう。

怪鳥/Winged creature
  ナズグルの首領が乗っていた翼を持った生き物で、竜よりも古い種族。
  鳥のくちばし、鉤爪、蛇の首。体に羽根ははえておらず、途方もなく大きな翼をもつ。
  翼はイヤなにおいがし、水かきのようなものが付いている。冥王がオークの肉を与え育て上げた。

ガウアワイス/Gaurwaith「狼人間」
  別名:無法者の群れ
  説明:浮浪者、敗残兵、追放者などがおり、同じ人間からも恐れられていた集団。
     トゥーリンはドリアスの西境でその集団の悪名高い一党と合流し、後に首領になる。

香り草入り兎肉シチュー/Herbs and Stewed Rabbit
  サムが、ゴクリが捕らえてきた兎と、付近に生えていた香草とで作ったシチュー。
  休憩をとったイシリエンの北の外れには、タマリスク、オリーブ、タイム、セージ、パセリ、
  そして庭師のサムでさえ初めて見る香草がたくさんあった。



鏡の湖/Mirrormere
  別名:ケレド=ザラム
  場所:中つ国_霧ふり山脈中心辺り
  説明:モリアの東口にある湖

垣出(かきで)/Haysend
  場所:中つ国_ホビット庄の東外側
  説明:バック郷と古森を区切る高垣の南方の地名。

赫々たる勝利の合戦 → ダゴール=アグラレブを参照

影の山脈/ → エフェル・ドゥーアスを参照

隠れた王 → シンゴルを参照

隠れ王国/Hidden Kingdom → ゴンドリンを参照

隠れた都市/Hidden City → ゴンドリンを参照

隠れ谷/Derdingle
  場所:中つ国_ファンゴルンの森
  説明:ファンゴルンの森にある谷間。

カザドゥル/Khuzdul
  別名:ドワーフ語
  説明:ドワーフが用いた言語。
     カザドゥルは風変わりな言葉で、ひそかには使われていたが日常に使うものではなく、
     伝承を伝える言葉として使われた。この言葉は大切に守られてきたため、
     他の種族でカザドゥルの話せる者はほとんどいない

カザド=ドゥーム/Khazad-dûm [K.]「ドワーフの館」 → モリアを参照

風見が丘/Weathertop → アモン・スールを参照

カスタミア/Castamir [Q.]
  別名:簒奪者
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1259年〜1447年(188歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  説明:ローメンダキル2世の弟カリメフタールの孫。エルダカールから王位を簒奪する。

風早彦/Windlord → グワイヒアを参照

風の道/Windfola
  種族:馬
  地域:中つ国_ローハン国
  説明:デルンヘルムとメリーを乗せた大きな灰色毛の軍馬。

風の指輪 → ヴィルヤを参照

堅屋村(かたやむら)/Hardbottle
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:南四が一の庄沢地の村。袴帯家の屋敷がある。

褐色人/the dunlendings
  サルマン側について角笛城を攻める。
  その昔、ゴンドールがエオセオド(後のロヒアリム)にカレナルゾンの土地を与えるが、
  褐色人はそこが自分たちの土地であることを主張し、ローハンを攻撃して勝利を得る。
  しかし翌年ローハンからの攻撃に敗北。その恨みを忘れることなくサルマンと手を組むことになる。
  指輪戦争後は反乱を起こさないことを誓った。背が高く黒い髪。

褐色人語
  褐色人が用いた言語。他の言語とは全く異なる。

褐色人の国/Dunland
  場所:中つ国_霧ふり山脈南から西側
  説明:褐色人が住む霧ふり山脈の南西麓の土地。

カナフィンウェ/Kanafinwë [Q.]「強い声」
  マグロールが父親から与えられた名前 → マグロールを参照

カーノ/Káno → マグロールを参照

ガビルガソル/Gabilgathol[K.]「大要塞都市」 → ベルグオストを参照

カベド=エン=アラス/Cabed-en-Aras [S.]
  別名:カベド=ナイラマルス
  場所:第一紀中つ国_ブレシル
  説明:トゥーリンがグラウルングを殺し、ニエノールが身を投げた峡谷。

カベド=ナイラマルス/Cabed Naeramarth [S.]「恐るべき宿命に魅入れたる投身(amarth=運命・破壊)」
  カベド=ナイラマルスにニエノールが身を投げた後に付けられた名前 → カベド=エン=アラスを参照

かみつき丸/Biter
 オークがオルクリストに対して呼んだ名前 → オルクリストを参照

上のエルダール語 → クウェンヤ語を参照

上のエルフ語/High-elven → クウェンヤ語を参照

ガミル・ジラク/Gamil Zirak
  種族:ドワーフ
  地域:中つ国
  説明:鍛冶屋。テルハールの師匠。

カムロスト/Camlost「空手」 → ベレンを参照


カラキルヤ/Calacirya [Q.]「光の谷間」
  場所:アマン
  説明:ペローリ山脈に作られた山道。

カラクウェンディ/Calaquendi [Q.]「光のエルフ(kal=[輝く], quen-=[言う、話す])」
  別名:上のエルフ、タレルダール
  説明:アマンに住む、あるいは住んでいたことのあるエルフ。
     本文中では主にアマンから再び中つ国に戻ってきたノルドール族に対して使われることが多い。
     [例] フェアノール一族、ガラドリエルなど

カラグドゥーア/Caragdûr [S.]「carak-=きば、dûa=暗い」
  場所:第一紀中つ国_ゴンドリン
  説明:エオルが処刑さた断壁。

ガラシリオン/Galathilion [S.]「白い木の月」
  場所:アマン_ティリオン
  説明:白い木。ヤヴァンナがテルペリオンを模して作った。

ガラシル/Galathil
  種族:エルフ_シンダール
  地域:中つ国_ドリアス
  家族:父_ガラゾン、兄弟_ケレボルン、娘_ニムロス

カラス・ガラゾン/Caras Galadhon [S.]「木々の都」
  場所:中つ国_ロスローリエン
  説明:ロスローリエンの都。正円の丘で周りは緑の壁で囲まれている。
     この地のエルフはほとんどがシルヴァンエルフで、マルローンの巨木に作られたフレトに住んでいる。
     丘の中心には一番大きなマルローン樹があり、そこにケレボルンとガラドリエルが住んでいる。

カラズラス/Caradhras [S.](caran=赤、ras=角)→ 赤角山を参照

ガラズリム/Galadhrim [S.]「森の住民(galadh=木)」
  マルローン樹に家を造って住んだロスローリエンのエルフのこと。

ガラゾン/Galadhon
  種族:エルフ_シンダール
  家族:父_エルモ、息子_ケレボルン、ガラシル

ガラドリエル/Galadriel [S.]「光の姫(gal=輝く、riel=花冠をつけた乙女)」
  別名:ガラドリエルの奥方、アルターリエル、アラターリエル、アルタニス、ネルウェン
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:アマン→中つ国→アマン
  家族:父_フィナルフィン、母_エアルウェン、兄_フィンロド、オロドレス、アングロド、アイグノール
     夫_ケレボルン、娘_ケレブリアン
  アイテム:ネンヤ、ガラドリエルの鏡
  容姿:深い金色の髪、フィンウェ一族の中で最も美しい
  説明:ヴァラールに叛旗を翻したノルドール族の指導者の1人。フェアノールに次ぐ偉大なエルフ。
     第三紀にはケレボルンと共にロスローリエンを統治し、第四紀の始まる前までそこに住まう。
     もともと中つ国を支配したいという欲求があり、過酷な道を経てやって来た彼女だが、
     第三紀も終わるころにはフロドに差しだされた一つの指輪を拒否出来るほどまでに成長を成し遂げていた。

ガラドリエルの鏡/Mirror od Galadriel
  銀の水盤。中の水を覗くと暗示を見ることが出来る。サムとフロドがこれを覗く。



ガラドール/Galador
  種族:人間_ドゥーネダイン+シルヴァンエルフ
  生没:中つ国_ドル・アムロス
  家族:父_イムラゾール、母_ミスレルラス、姉妹_ギルミス
  説明:ドル・アムロス最初の大公。

カラヒ・アングレン/Carach Angren「鉄の顎」→ アイゼン口を参照

カランシア/ Caranthir [S.]「caran=赤」
  別名:モリフィンウェ、カルニスティア
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:アマン→中つ国_東ベレリアンド
  家族:父_フェアノール、母_ネアダネル
     兄_マイズロス、アムラス、マグロール、クルフィン、ケレゴルム、アムロド
  容姿:暗い髪色(茶色)
  説明:ファアノールの四男。兄弟の中で最も苛酷で怒りっぽい。
     シルマリルを奪いにドリアスを襲撃し、ディオルに討たれる。

ガリオン/Galion [S.]
  種族:エルフ_シルヴァン
  地域:中つ国_闇の森
  説明:スランドゥイル王の給仕頭。

カリメフタール/Calimehtar
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1736年〜1936年
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_ナルマキル2世、息子_オンドヘア、娘?
  説明:ゴンドール国第29代の王。

ガルヴォルン/Galvorn [S.]「輝く黒」
  エオルが発明した金属。薄くていかなる刀や矢もこれを突き通すことはできない。
  黒玉のように黒々と輝いている。

カルドラン/Cardolan [S.]
  場所:中つ国_アルノール
  説明:3つに分かれたアルノール王国の一部。

ガルドール [エルフ]/Galdor [S.]
  種族:エルフ_シンダール?
  地域:中つ国_リンドンの灰色港
  説明:キアダンの使いでエルロンドの会議に出席する。

ガルドール [人間]/Galdor [S.]
  別名:丈高きガルドール
  種族:人間 エダイン第三家系
  生没:第一紀?年〜462年
  地域:中つ国_ドル=ローミン
  家族:父_ハドール、弟_グンドール、妹_グローレゼル、妻_ハレス、息子_フーリン、フオル
  説明:父の亡き後ドル=ローミンの領主となる。エイセル・シリオンで討死。

カルニスティア/Carnistir [Q.]「赤顔」
  カランシアが母親から与えられた名前 →カランシアを参照

カルニル/Carnil [Q.]
  ヴァルダがテルペリオンの銀の露で作り空にはめ込んだ星座の1つ。赤い色の星。

カルハロス/ Carcharoth [S.]「赤顎」
  別名:アンファウグリア
  種族:大狼
  生没:?〜第一紀468年
  地域:第一紀中つ国_アングバンド
  説明:アングバンドの入口の番人。
     シルマリルを持ったベレンの手を噛みちぎってシルマリルを飲み込んでしまい、
     怒り狂い凶暴になるがフアンと戦い殺される。シルマリルは腹を切り裂いて無事取りだされた。

カルホスト/Carchost [S.]「牙の砦(carch=牙)」
  場所:中つ国_モルドール
  説明:黒門の両側にある塔の2つ砦の西側。

カルマキル/Calmacil
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1058年〜1304年(246年)
  地域:中つ国_ゴンドール
  家族:父_アタナタール2世、兄_ナルマキル、息子_ミナルカール、カリメフタール
  説明:ゴンドール国第18代の王。兄の死後王に就任。

ガルモド/Gálmód「放蕩」
  種族:人間
  地域:中つ国
  家族:息子_グリーマ

ガルルフ/Garúlf
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀?年〜3019年
  地域:中つ国_ローハン国
  説明:戦死した騎士。かれの馬ハスフェルがアラゴルンに渡される。

カルン・ドゥーム/Carn Dûm [S.]
  場所:中つ国_霧ふり山脈の北端
  説明:アングマールの魔王の都のあった場所。

ガレナス/Galenas [S.]「西の人の草」 → パイプ草を参照

カレナルゾン/Calenardhon [S.]「緑の地方(calen=緑)」 → ローハンを参照

カレンハド/Calenhad
  場所:中つ国_白の山脈東方
  説明:ゴンドールの7つの烽火山のうちの1つ。

カレンベル/Calembel [S.]
  場所:中つ国_キリル川とリングロ川の間
  説明:キリル川に沿ったゴンドールの町。

蛙村(かわずむら)/Frogmorton
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:東四が一の庄沢地の村。浮木亭がある。

環状山脈/Encircling Mountain → エホリアスを参照

ガンダルフ/Gandalf「杖を持つエルフ」
  別名:灰のガンダルフ、インカーヌス、オローリン、白の乗手、ミスランディア、ラススペル、サルクーン
  種族:アイヌ_マイア、イスタル
  地域:アマン→中つ国→アマン
  アイテム:グラムドリング、ナルヤ
  容姿:白髪、長い銀色の顎鬚、ふさふさした眉毛、石炭のような黒い目
  説明:指輪の仲間。旅の仲間の指導者。マンウェとヴァルダに仕えていたマイアで、
    ヴァラールに命ぜられ中つ国にやって来た5人の魔法使いの1人。
    ただ1人中つ国においての使命を忠実に成し遂げる。戦後はフロドたちと共に海を渡り中つ国を去る。

ガーン=ブリ=ガーン/Ghân-Buri-Ghân 【指】ガン=ブリ=ガン
  種族:人間_野人
  地域:中つ国_ドルーアダンの森
  容姿:足は短く腕は太い、厚みのあるずんぐりした体形、乏しい顎鬚、
     こぶのような無骨な顎、平たい顔、黒っぽい目
  説明:ドルーアダンの森の野人の大酋長。他の言語とは違う独自の言葉を話す。ローハン軍に道案内をする。


【オ】<< Previous >> Next【キ】