=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【セ】

聖なる山 → タニクウェティルを参照

精霊山 → ドゥイモルベルグを参照

西方王土の諸王 → ヴァラを参照

西方語/Westron
  別名:共通語
  ドゥネダインにより中つ国にもたらされたアドゥナイク語が、他の人間の言葉と混り合い、
  それが共通語となって中つ国西部地域で使われるようになる。
  エルフ語の影響も受けている人間の言葉であったが、ホビットやオークも使用した。

西方の正統語 → クウェンヤ語を参照

セイン/ Thain
  ホビット庄の庄議会の議長。他に庄民兵と召集兵の司令官も務める。
  緊急時以外は召集されないので、ほとんど名目上の権威に過ぎない。

セイン本/the Thain's Book
  赤表紙本から作られた最初の写本。


セオデン/Théoden
  別名:エドニュー
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀2948年〜3019年
  地域:中つ国_ゴンドール国→ローハン国
  家族:父_センゲル、母_モルウェン、姉1人、妹_セオドウィン、他2人、妻_エルフヒルド、息子_セオドレオ
  アイテム:雪の鬣、ヘルグリム
  容姿:白髪、長くて白い顎鬚
  説明:ローハン国第17代の王。ゴンドールで生まれ育つ。
     妹夫婦が亡くなると、甥と姪のエオメルとエオウィンを引取り育てる。
     相談役のグリーマがサルマンと通じていたので、その魔力にかかり、心身ともに衰退していたが、
     ガンダルフによって癒される。回復した王は、自ら兵を率いて角笛城の戦いで勝利をおさめ、
     その後ゴンドールへ救援に向かい、ペレンノール野で愛馬がナズグールに襲われ倒れた際、
     その下敷きになり命を落とす。

セオドウィン/Théodwyn
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀2963年〜3002年
  地域:中つ国_ローハン国東域
  家族:父_センゲル、母_モルウェン、兄_セオデン、姉3人、夫_エオムンド、息子_エオメル、娘_エオウィン
  説明:両親の晩年に生まれた美しい子供。第三紀2989年に結婚。夫に先立たれてからまもなく病で亡くなる。

セオドレド/Théodred
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀2978年〜3019年
  地域:中つ国_ローハン国
  家族:父/セオデン、母/エルフヒルド
  説明:マークの第二軍団軍団長としてサルマンの手下と戦い、アイゼンの浅瀬で討死する。

石車谷/Stonewain Valley
  別名:イムラス・ゴンドライヒ
  場所:中つ国_白の山脈の東端北側
  説明:ドルーアダンの森と白の山脈の間にある谷。

せっかち/Quickbeam → ブレガラドを参照

セリンデ/Serindë [Q.]「刺繍の名手」→ ミーリエルを参照

セレゴン/Seregon [S.]「血の石(sereg=血)」
  場所:中つ国_アモン・ルーズ
  説明:アモン・ルーズの丘の山頂に生い茂る植物。弁慶草の仲間で深紅の花を咲かす。

セレヒ/ Serech
  場所:中つ国_ドルソニオンとミスリムの間
  説明:シリオンの山道の北にある沼沢地。

船艦王 →タランノンを参照

センゲル/ Thengel
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀2905年〜2980年
  地域:中つ国_ローハン国→ゴンドール国→ローハン国
  家族:父_フェンゲル、妻_モルウェン、息子_セオデン、娘_3人+セオドウィン
  説明:ローハン国第16代の王。成年に達するとローハンを離れてゴンドールへ赴く。
     そこで長く住みつき、トゥアゴンに使え巧妙を勝ちえる。
     ローハン国王の死で呼び戻され帰国。善良で賢明な王となる。


【ス】<< Previous >> Next【ソ】