=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【ホ】

星空の下の合戦 /Battle-under-Stars → ダゴール=ヌイン=ギリアスを参照

星の国 /Land of the Star → ヌーメノールを参照

星々の妃 → ヴァルダを参照

星々の時代/the Age of Stars
  「暗黒の時代」の中、アマンではヴァルダが天に星をちりばめ、その光によって中つ国でエルフが目覚めた。
  メルコールはエルフを捕らえて堕落させ、オークを創りだした。
  この悪行を知ったヴァラールは中つ国へ行きメルコールの要塞を破壊し、捕虜として連れて帰り鎖で繋ぎ留めた。
  そしてエルフのヴァンヤール族、ノルドール族、テレリ族をアマンへ来るよう招いた。
  テレリ族の一部は中つ国に残り、ベレリアンドでエルフの王国を築いた。
  彼らはこの時代に誕生したドワーフとも交流を持つ。時が経ち、アマンでメルコールが2本の木を枯らし、
  シルマリルを奪って、再び中つ国に戻ってきたことで、平和な時代は終わりを告げる。

北国人/Northmen
  アンドゥイン北部の谷間に住んでいたエダインの子孫で、そこからたくさんの種族や国に分かれる。
  ゴンドールの同盟者。
  ビヨルン一党、森人、エスガロスの湖の人間、谷間の国の人間、エオセオド→ロムアリム

北方王国 /North Kingdom → アルノールを参照

ホビット/Hobbit「穴造り(を意味する言葉から来ている)」
  別名:小さい人、ペリアン、ペリアンナス、ホルビトラ、クドゥ=ドゥーカン、バナキル
《特徴・性格》ホビットは身長が2〜4フィート(60〜120センチ)しかない小さな種族。耳ざとく、目が利き、太りやすいが動作は素早く機敏で、足音をたてないで歩くことが出来る。平和と静けさを愛し、仲間同士で戦うことさえなかった。しかし窮地にたてば剛胆不敵となり、武器を扱う術を心得ていた。よく笑いよく食べ(1日に6度の食事)客好きでパーティーも大好き。パイプ草(タバコ)を好んで吸う。水が苦手で泳げない。
《言語》西方語という共通語。
《住居》穴に住んでいる。貧乏な者は窓もないただの穴だが、ビルボとフロドの屋敷(袋小路屋敷)はトンネルになっている豪華なものだった。窓やドアは丸い形。職のあるホビットたち(粉屋・鍛冶屋など)は地上に家を建てて住んでいる。
《社会秩序》政府と呼べるものはなく、各家が各個で処理していた。トゥック家の家長がなるセイン(ホビット庄の庄議会の議長・民兵の司令官)でさえ、緊急の時にしか招集されなかった。ホビット庄で唯一実際的な公務職は、大堀町の町長(ホビット庄の庄長)だけで、7年ごとに選挙で選ばれた。主な仕事は祝祭日の宴会の主宰で、付属として郵便局長と庄察長(警察)があった。
《ホピットの名字》バギンズ/トゥック/ブランディバック/丸面/ボフィン/ボルジャー/身善/長穴/泥足/砂持/角吹/袴帯/髪吉/足高/穴熊/浅堀/バンス/茶髪/兎穴/バンクス/グールド/強頭/ギャムジー/コトン/ブラウン/緑手/など
《ホピット3つの種族の比較》


ホビット庄/the Shire
  場所:中つ国_エリアドール中心辺り
  説明:ホビット族の住む地域。

ホビット庄紀年/Shire-reckoningv
  年代:第三紀1601年、ホビット庄暦元年
  説明:ファロハイド族のマルコとブランコがホビットの大群を連れて、
     ブランディワイン川を渡った年をホビット庄元年とした。
     月日や曜日などには、ホビット庄独自の暦法が用いられる。

ホビット庄本草考/Herblore of the Shire
  メリーによる著書。パイク草について書かれている。

ホビット村/Hobbiton
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:西四が一の庄にある村。ビルボやフロドの住む袋小路屋敷がある。

ホブ/Hob hayward
  別名:家畜番のホブ、ホブじいさん
  種族:ホビット
  地域:バック郷

ボブ/Bob
  種族:ホビット
  説明:「躍る小馬亭」で働いている。

ホブソン/Hobson Gamgee
  種族:ホビット
  説明:サムの祖父。

ホブ・ギャミッジ
  種族:ホビット
  説明:サムの曾祖父。

ボフール/Bofur
  種族:ホビット
  生没:ドワーフ
  地域:中つ国_エレボール
  家族:兄_ボンブール
  説明:「ホビットの冒険」で黄色のずきんを被った旅の仲間。

堀窪/Crickhollow
  場所:中つ国_ホビット庄東境
  説明:バック郷のブランディ館北側にある土地。

ボール/Bór
  種族:人間_東夷
  家族:息子_ボルサンド、ボルラハ、ボルラド
  説明:東夷の族長の1人。息子とともにエルフのマイズロスとマグロールに従う。

ボルグ/bolg
  種族:オーク
  地域:中つ国_霧ふり山脈
  家族:父_アゾグ
  説明:父に似て体が大きく力の強いオーク。五軍の戦いでオーク軍の指揮をとるがビヨルンに殺される。

ボルサンド/Borthand
  種族:人間_東夷
  生没:第一紀?年 〜473年
  家族:父_ボール、兄弟_ボルラハ、ボルラド
  説明:父とともにエルフのマイズロスとマグロールに従う。ニアナイス=アルノイディアドで討死。

ホルドヴィネ/「誠実なる友」 → メリアドク・ブランディバックを参照

ホルビトラ/Holbytla[ローハン語] → ホビットを参照

ホルマン/Hoiman Greenhand
  別名:緑手のホルマン
  地域:中つ国_ホビット庄
  種族:ホビット
  説明:ビルボの庭師。ハム・ギャムジーの縁続きで師匠でもある。

ホルマン・コトン/Holman Cotton
  種族:ホビット
  地域:中つ国_ホビット庄
  説明:トルマンの父。

ボルラド/Borlad
  種族:人間_東夷
  生没:第一紀?年 〜473年
  家族:父_ボール、兄弟_ボルサンド、ボルラハ
  説明:父とともにエルフのマイズロスとマグロールに従う。ニアナイス=アルノイディアドで討死。

ボルラハ/Borlach
  種族:人間_東夷
  生没:第一紀?年 〜473年
  家族:父_ボール、兄弟_ボルサンド、ボルラド
  説明:父とともにエルフのマイズロスとマグロールに従う。ニアナイス=アルノイディアドで討死。

ホルン/Horn
  種族:人間_ロヒアリム
  生没:第三紀?年〜3019年
  地域:中つ国_ローハン国
  説明:ペレンノール野の戦いで討死した騎士。

滅びの山 → オロドルインを参照

ボロミア(1)/Boromir
  別名:
  種族:人間_エダイン第一家系
  地域:中つ国(ラドロス
  家族:父_ボロン、息子_ブレゴール、姉妹_アンドレス
  説明:ラドロス初代領主。

ボロミア(2)/Boromir
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀2410年 〜 2489年(79歳)
  地域:中つ国_ゴンドール国
  容姿:端正な顔立ちで堂々している
  説明:ゴンドール国の統治権をも持った11代目の執政。偉大な大将で肉体も意志も強固。
     指輪隊のボロミアの名は彼から取ってつけられた。

ボロミア(3)/Boromir
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀2978年〜3019年2月26日
  地域:中つ国_ゴンドール国、ミナス・ティリス
  家族:父_デネソール、母_フィンドゥイラス、弟_ファラミア
  アイテム:角笛
  容姿:黒い巻髪、灰色の目
  説明:指輪の仲間。自尊心が強く、恐れを知らない強固な性格。指輪に疑念を抱きつつ旅を共にする。
     フロドから指輪を奪おうとして逃げられ、事績の念にかられてオークの襲撃から
     ピピンとメリーを守ろうとするが殺される。

ボロン/Boron [S.]
  種族:人間_エダイン第一家系
  地域:中つ国
  家族:父_バラン、息子_ボロミア、娘_アンドレス

ボロンディア/Borondir
  別名:ウダルラフ
  種族:人間
  地域:中つ国_ゴンドール国
  説明:ミナス・ティリスの乗手。キリオンから、救援を要請する伝言をエオルへ運んだ。

ポント・バギンズ/Ponto Baggins
  種族:ホビット
  説明:ビルボの祖父の弟。

ボンブール/Bombur
  種族:ドワーフ
  地域:中つ国_エレボール
  家族:弟_ボフール
  説明:「ホビットの冒険」でうす緑色のずきんを被った旅の仲間。おデブちゃん。


【ヘ】<< Previous >> Next【マ】