=ヒト型、動物、種族  =地名、建物、星  =アイテム  =植物  =他

【マ】

マイア/Maia [Q.]
  複数形:マイアール
  説明:ヴァラールの下位にあたるアイヌア。[例]ガンダルフ、サルマン、サウロンなど

マイアール/Maiar [Q.]
  マイアの複数形 → マイアを参照

マイグリン/Maeglin [S.]「鋭く通す目(maeg=鋭い、glin=目の輝き)」
  別名:ローミオン
  種族:エルフ_ノルドール+ダーク・エルフ
  生没:?〜第一紀511年
  地域:中つ国_ナン・エルモス→ゴンドリン
  家族:父_エオル、母_アレゼル
  容姿:黒髪、黒っぽい目
  説明:容姿はノルドール族に似ているが、気持ちや精神は父親似。
     ゴンドリンにて、ノルドールの諸侯の中でも最も力のある者の1人となる。
     敵に拉致され、モルゴスに隠れ王国の場所と襲撃方法を教えてしまい
     王国が襲撃された際、トゥオルとの取り組みあいによって城壁から放りだされ焔の海へと落ちていく。

マイズロス/Maedhros [S.]
  別名:ネルヤフィンウェ、ネルヨ、マイティモ、ルッサンドル
  種族:エルフ_ノルドール
  生没:?〜第一紀583年
  地域:アマン→中つ国_ヒムリング
  家族:父_フェアノール、母_ネアダネル
     弟_マグロール、ケレゴルム、クルフィン、カランシア、アムラス、アムロド
  容姿:赤茶色の髪(又は銅色)、美しい体形
  説明:フェアノールの長男。兄弟の中で最も賢明で力においても優れ気質も穏やか。
     モルゴスに捕らえられ、絶壁に吊り下げられた所をフィンゴンに救出されるが、
     その際、枷をはめられた右手を切断する。第一紀の終わりに追い求めていたシルマリルを手に入れるが、
     それと共に燃えさかる炎のなかへ身を投じる。

マイズロスの辺境地/March of Maedhros
  場所:第一紀中つ国_ロスランの南、ヒムラドの北
  説明:マイズロスとその兄弟に守られた、ゲリオン川の水源の北方に広がる地域。

マイティモ/Maitimo [Q.]
  マイズロスが母親から与えられた名前 → マイズロスを参照

マウフル/Mauhúr [B.]
  種族:オーク
  生没:?〜第三紀3019年
  地域:中つ国_アイゼンガルド
  説明:アイゼンガルドのオーク隊長。

魔王/Witch-king → モルグル王を参照

マカラウレ/Makalaurë [Q.]
  マグロールが母親から与えられた名前 → マグロールを参照

曲がり足/Club-foot → ブランディアを参照

マークの角笛
  ドワーフの作品で、青年王エオルが竜の宝から持ち帰ってきた王家伝来の宝物。
  旅の帰路、別れ際にエオウィンからメリーに与えられる。
  銀製で、尖端から口までぐるぐると線上に騎士が彫ってあり、ルーン文字も刻まれている。

マグロール/Maglor [S.]
  別名:カナフィンウェ、カーノ、マカラウレ
  種族:エルフ_ノルドール
  地域:アマン→中つ国_ヒムリング 
  家族:父_フェアノール、母_ネアダネル
     兄弟_マイズロス、ケレゴルム、クルフィン、カランシア、アムラス、アムロド
  説明:フェアノールの次男。優れた歌い手で詩人。
     母親の優しい精神や気質を受け継いでおり、兄弟の中ではマイズロスに似ている。
     マイズロスと共に二個のシルマリルを手に入れ、一つを海に投じる。
     その後は海辺を彷徨い、波打ち際で悔恨の歌を歌い続けた。

マグロールの山間/Maglor's Gap
  場所:第一紀中つ国_ロスラン南
  説明:ゲリオン川上流の枝分かれした間の地域。丘陵が途切れている所。

馬鍬谷/Harrowdale
  場所:中つ国_ローハン国、エドラスより南
  説明:エドラスからへ馬鍬砦へ行くまでの、雪白川が流れる谷間。

馬鍬砦(まぐわとりで)/Dunharrow
  場所:中つ国_ローハン国、エドラス南
  説明:白の山脈の馬鍬谷にある砦。第二紀初期に出来たローハン国民の避難所。

馬鍬砦の死者
/Dead Men of Dunharrow
  ドゥーネダインの王に忠誠を誓ったものの、それを裏切った人間たち。
  彼らの魂は眠りにつくことを許されず、幽霊となって死者の道に留まっていた。
  指輪戦争でアラゴルンは死者の道を通り、彼らにチャンスを与える。
  霊魂はアラゴルンに従い同行し、共にウンバールの海賊を全滅させる。
  よって彼らの呪いは解かれ、永遠の眠りにつくことを許された。

マゴットじいさん/Farmer Maggot
  種族:ホビット
  地域:中つ国
  家族:妻、息子2人、娘3人
  説明:裕福な農家の主人。たいへん剛直なホビット。
     フロドが小さいころ茸を探しに敷地に入って叱られていたので、
     大人になってもじいさんと番犬(きば、くいつき、おおかみ)を怖がっていた。
     フロド、サム、ピピンが道中に立ちより、ナズグルがバギンズを探していることを知らされる。

まことの銀 → ミスリルを参照

まことの勇者 → フォルロングを参照

まことの友人 → フォルロングを参照

マゴル/Magor
  種族:人間_エダイン第三家系
  地域:中つ国
  家族:父_マラハ・アラダン、息子_ハソル
  説明:マラハ一党の指導者。

マザルブルの書/Book of mazarbul「記録」
  モリアに移住したバーリンとその仲間によって記された記録。ガンダルフとギムリにより発見される。



マザルブルの間/Chamber-Mazarbul「記録の間」
  場所:中つ国_モリア
  説明:ドワーフのバーリンの王座が置かれた部屋で、後に墓所となる。

マゾム/Mathom「古英語「máthm(宝物)」の変形」
  使い道もなく捨てるに捨てられぬ、どうしようもない贈り物のこと。ホビットの間で使われる。

マゾム館/Mathom-house
  場所:中つ国_ホビット庄
  説明:ホビットが貰い物や捨てられないものなどを置いてあるところ。

まっすぐ階段/Straight Stair
  場所:中つ国_モルドール、影の山脈内
  説明:モルグル谷からキリス・ウンゴルの間にある階段。ゴクリの言葉。

まっすぐの道/Straight Road, Straight Way
  場所:異次元
  説明:西方国へ至る道のこと。ヌーメノールが滅び世界の形が変わった後は、
     限られたものだけがエルフの船に乗り、この道を通って行くことを許された。

魔の川
  場所:中つ国_闇の森北部
  説明:闇の森山脈から発し、森の川に注ぎ込む川。

マハタン/Mahtan [Q.]
  種族:エルフ_ノルドール
  家族:娘_ネアダネル
  説明:ノルドールの偉大な鍛冶。フェアノールの義父。
     アウレから鍛冶を教わり、その知識の全てをフェアノールに教えた。

マーハナクサール/Máhanaxar
  別名:審判の輪
  場所:アマン_ヴァリノール
  説明:ヴァラールの会議が行われたところ。ヴァルマールの門とエゼル・ロハールの間にある。

まぶたなき目 → 目を参照

マブルング [エルフ]/Mablung [S.]「不器用なる」
  種族:エルフ_シンダール
  生没:?〜第一紀505年
  地域:中つ国_ドリアス
  説明:ドリアスの国境警備隊。トゥーリンの友人。ドワーフに殺される。

マブルング [人間]/Mablung
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_ゴンドール国、イシリアン
  説明:ゴンドールの兵士で、イシリエンの野伏。ファラミアの部下。

魔法使い/wizerd → イスタルを参照

マーマンディル/Mámandil → ハルラカールを参照

マラハ (1)/Malach
  種族:人間_エダイン、第三家系
  地域:中つ国
  家族:息子_マラハ・アラダン、イムラハ
  説明:3番目にベレリアンドに入ってきた人間たちの統率者。

マラハ (2)/Malach
  別名:アラダン
  種族:人間_エダイン、第三家系
  地域:中つ国
  家族:父_マラハ、兄弟_イムラハ、息子_マゴール

マラハの族/People of Marach
  別名:ハドルの族、第三家系
  説明:第一紀に初めてベレリアンドにやって来たエダイン3家の一つ。
     体力に優れ背は高く、常に心の覚悟が出来ており、大胆にして動揺しない性格。
     大部分は金髪で青い目をしている。

マリーゴールド・ギャムジー/Marigold Gamgee
  種族:ホビット
  説明:サムの妹。

マリナルダ/Malinalda「黄金の木(alda=木)」 → ラウレリンを参照

マリノルニ/Malinorni [Q.] → マルローンを参照
  単数:マリノルネ

マリノルネ/Malinornë [Q.] → マルローンを参照
  複数:マリノルニ

マルヴェギル/Marvegil
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1349年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_ケレブリンドール、息子_アルゲレブ1世
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン6代目の王。

マルガラド/Malgalad → アムディーアを参照

マルコ
  種族:ホビット
  説明:ファロハイド族。兄弟のブランコと共にフォルノストの王の認可を得、
     大勢のホビットを従えてバランドゥイン川を渡り、その向こうの地(ホビット庄)を手に入れる。

マルディル/Mardil [Q.]
  別名:ヴォロンウェ
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀1969年 〜 2080年(120歳)
  地域:中つ国_ゴンドール
  説明:エアルニル二世とエアルヌア王時代の執政(2050〜2080年)。
     ゴンドール国を実質的に統治した最初の執政。改定歴を発布した。

マルドゥイン/Malduin [S.]「黄色い川(mal-=金の、duin=川)」
  場所:第一紀中つ国_ブレシルの北西
  説明:テイグリン川の支流の1つ。

マル=ヌ=ファルマール/Mar-nu-Falmar「波間に没したる国」→ ヌーメノールを参照

マルハリ/Marhari
  種族:人間_エオセオド
  家族:息子_マルフウィニ
  説明:平野の戦いで討死した北国人のリーダー。

マルフウィニ/Marhwini「馬の友」
  種族:人間_エオセオド
  家族:父_マリハリ、息子_フォルスウィニ
  説明:平野の戦いの後、アンドゥインの谷に定住した北国人のリーダー。

マルベス/Malbeth the seer [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  地域:中つ国_フォルノスト
  説明:フォルノストの最後の王アルヴェドゥイ王に仕えた予言者。
     彼の言葉をエルロンドが息子を通してアラゴルンに伝えた。

マルロス/Mallos [S.]「黄金の雪(mal=金の、los=雪)」
  場所:中つ国_ゴンドール
  説明:レベンニンの野に咲く黄色い花。

マルロール/Mallor [S.]
  種族:人間_ドゥーネダイン
  生没:第三紀?年 〜 1110年
  地域:中つ国_アルセダイン
  家族:父_ベレグ、息子_ケルファルン
  説明:3分裂したアルノール国の1つ、アルセダイン3代目の王。

マルローン/Mallorn [S.]「金の木(mal=金の)」
  別名:メルリルン、マリノルネ、マリノルニ
  場所:トル・エレッセア、ヌーメノール
  説明:トル・エレッセアからヌーメノールのエルダロンデに持ち込まれた落葉樹の高木。
     花と葉は金色、幹は銀色。その後、中つ国のローリエンにも生い茂る。
     ガラドリエルがサムに贈り、戦後にはホビット庄でも見られるようになった。

マンウェ/Manwë「man-=善なる、至福の、傷つけられていない」
  別名:スーリモ、長上王、アルダの支配者
  種族:アイヌ_ヴァラ
  地域:アマン_タニクウェティル、イルマリン
  家族:妻_ヴァルダ
 容姿:青い目、青の衣装、サファイアの王笏を手に持つ
  説明:ヴァラールの最高位者。

マンゴ・バギンズ/Mungo Baggins
  種族:ホビット
  説明:ビルボの祖父。

マンドス/Mandos [Q.]「「os」=館」
  本名:ナーモ
  別名:フェアントゥリ、ヌルファントゥア
  種族:アイヌ_ヴァラ
  地域:アマン_マンドス
  家族:兄弟_ローリエン、妹_ニエンナ、妻_ヴァイレ
  説明:8人のアラタールの1人。住処であるマンドスの名で呼ばれる。霊魂の召喚者。
     死んだエルフの魂は「マンドスの館」に集められる。

マンドス/Mandos [S.]
  場所:アマン_西海岸
  説明:ヴァラのナーモの住まう地。彼自身もマンドスと呼ばれる。
     そこには広大なマンドスの館があり、殺されたエルダールの霊魂が集められている。

マンドスの運命/Doom of Mandos → マンドスの呪いを参照

マンドスの呪い/curse of Mandos
  別名:マンドスの運命
  説明:ノルドールが、ヴァラールの忠告を受け入れずに中つ国に帰還したことと、
     その際に同族殺害を犯したことに対してマンドスが宣告した預言と呪いのこと。
・ノルドールはヴァリノールに入れない。
・ヴァリノールにノルドールの声は聞こえてこない。
・フェアノール一族(と、彼らに従う者)に対しては、どこの地までもヴァラールの怒りが向けられる。
・ノルドールの誓言は、自身らを駆り立て裏切り、追跡を誓った宝物を常に奪い去る。
・初めは良くても全て悪い結果になる。
・アマンを過ぎれば死の影の元に住まう。
・病魔に襲われることはないが、非業の死を遂げることはある。
・命を失い肉体を切に焦がれても、慈悲を見出すことは殆ど無い。
・中つ国で命を長らえマンドスの許に来ない者は、この世に倦み果て衰え、
 後から来る種族の前に、悔恨の影の如き者となり果てる。


【ホ】<< Previous >> Next【ミ】